タカラジェンヌあるあるから導き出された法則。

前回の新人公演で初主演を果たし、
来月からの「New Wave! -宙-」でも
メインキャストとして出演する、
イケメン若手スター桜木さん。

 

今日の「◯XQ」では
爽やかに◯Xしていましたので
僕も爽やかにどうでもいいこと書いていきます。

スポンサードリンク

スムージー。

朝ごはんは気分によって食べるものを決める桜木さん。

 

最近では豆乳と青汁という
健康食品界のヤンミキ(まあだい?)を
混ぜてスムージーにして飲んでいるらしいです。

 

豆乳と青汁ですよ。

 

変な化学反応が起きない限り
体に悪いわけがないコンビですよね。

 

ヤンミキしかり、まあだいしかり、
ちぎみゆしかり、まさみりしかり。

 

みりみゆの場合だけ、
萌え苦しむファンが大量発生することが予想されるので
劇団が身体に良くないと判断したという噂があります。
(ありません。)

 

ちょっと話戻しますが、
なんでも混ぜればスムージーになるのか、
気になったのでスムージーの定義を調べてみました。

 

「スムージー(英: Smoothie)は、凍らせた果物、又は野菜等を使った、シャーベット状の飲み物である。」(Wikipediaより引用)

 

豆乳と青汁を凍らせて
スムージーにしているということでしょうか。

 

僕はこれまでスムージーを口にしたことがありませんが、
食感的にはスタバのフラペチーノみたいな感じでよろしいですかね。

 

材料自体凍っていないと
スムージーではないという定義まで存在していましたので
フラペチーノはスムージーとは呼べないみたいですけど。
(ややこしすぎて、来週にはもう忘れていると思います。)

 

お間違いなきように。

 

このブログを読んでくださっている方は
ほぼ女性の方だと思うので、
ただ当たり前のことを書き綴った
だけになっているもしれませんが、
もしもフラペチーノやシェイクを
スムージーだと思っている人が
一人でもいれば、調べた甲斐があったなと。

 

スムージーと言えば
「スムージー芹香」の異名を持つ
芹香斗亜さんを思い出しますよね。
(誰一人として思い出していない。)

 

思い出せなかった人のために簡単に説明しときます。

 

芹香さんの唯一作れる料理というのが
グリーンスムージーなんですけど、
芹香さんがする作業はというと、
カットされ冷凍庫で眠る野菜や果物を
ただスムージーするだけという。
そんな伝説が存在するのです。

 

桜木さん。
ぜひ、伝説のスムージー芹香さんに
ヤンミキスムージーを教えてあげてください。

スポンサードリンク

タカラジェンヌあるある

占いを信じる?

良いことだけを信じるという
たぶんこの「◯XQ」において
全生徒が答えているのではないかなというくらい
あるあるの回答をしてくれた桜木さん。

 

僕なんて悪いことの方が記憶に残ってしまって
上手に良いことだけを信じることができません。

 

そういったポジティブシンキングを
うまく使いこなせるからこそ
一流の舞台人になれるんでしょうね。

 

僕のように悪いことばかり頭に残ってしまう人は
僕みたいに三流になる可能性が高いので、
この機会にぜひポジティブシンキングを手に入れてください。

 

自慢できることがある

これもタカラジェンヌあるあるですね。

 

今まで何人ものジェンヌさんの「◯XQ」を見てきましたが
みなさん100%の確率で「◯」と答えています。

 

一流舞台人になる人は
自慢の一つや二つあるということでしょうか。

 

はい。

 

もちろん僕は「X」です。大バツです。

 

切り替えは早い方

寝たら忘れるシリーズ。
「◯XQ」で何度も見てきました。

 

なんで寝たくらいで
嫌なこと忘れられるんでしょうね。

 

僕なんて嫌なことあったら
夢にでてきますからね。

 

ものすごい苦しみの後に
汗をかいて目覚めるという
定番のコースが用意されていますからね。

 

なんでタカラジェンヌは
嫌なことがあっても嫌な夢をみずに
次の日忘れることができるのか。

 

きっとポジティブシンキングを
活用しているからだと思います。

 

つまり寝る前から
若干忘れてるんじゃなかなって。

 

僕のように嫌なことが起こった後に
嫌な夢を見る人がいらっしゃいましたら、
この機会にぜひポジティブシンキングを手に入れてください。

 

 

まとめ

タカラジェンヌあるあるは
僕には当てはまらないという
自然界においての新たな法則を
導き出すことに成功しました。

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す