ハウステンボス歌劇団について。歌劇学院の制服はジブリ?

あることがきっかけで
ハウステンボス歌劇団に興味が湧いたので調べてみました。

スポンサードリンク

ハウステンボス歌劇団について調べてみたんですけど
Wikipediaがなかったので、
動画を見ながらメモした情報を紹介します。

 

若干間違っている可能性もありますが
その時は報告よろしくお願いします。

 

ハウステンボス歌劇団について。

宝塚歌劇団出身3人と
OSK日本歌劇団出身2人、
オーディションで選ばれた団員
合わせて30人で2013年7月に結成。
(1年前の情報では宝塚出身者が5人に増えていました。)

 

トップを務める優雅さんは
宝塚時代に「研ルイス」という名前で活躍していた方で
なんとあの伝説の82期とのこと。

 

蘭寿様などを輩出した
あの最高倍率の82期です。

 

優雅さんはかなりスタイル良い方でした。
(優雅さんときくと、悠河さんを思い出してしまいます。
天海さんもそんなことある?

 

スタイルのみならず、歌が得意とのことで
宝塚退団後はシンガソングライターとして活動していました。

 

しかし「男っぽい」という壁にぶち当たってしまいます。

 
そンな時に、自分の特徴を活かせる
ハウステンボス歌劇団に入団することになったそうです。

 

 

 

 

ハウステンボス歌劇団のこけら落とし公演は
2014年1月11日。

 

ミューズホール(250席)で行なわれました。

 

毎日、昼と夜の2公演。
(2種類の演目を1日に4回公演、という説も)

 

1回何時間の公演なんでしょう。

 

映像を見る限りでは、
芝居ではなくショーがメインなのかなと。

 

だから、1回の公演が
宝塚よりも短いのかもしれません。

 

気になるチケット代なんですけど、
なんとハウステンボスの入園料を払えば
(何度でも?)見ることができるんだそうです。

 

1DAYパスポートが6200円と
ディズニーランドの6400円と比べると
かなり高い気もしますが、
それで公演を2回(4回?)見ることができるのであれば
歌劇ファンとしては安いとすら感じてしまいます。
(貧乏なくせして、宝塚にハマり
金銭感覚が麻痺しているのかもしれません)

 

 

ハウステンボス歌劇団にはこんな残酷な制度も。

 

「演技の見込みがないと判断されると退団が余儀なくされる」

とのこと。

 

ここら辺は宝塚よりもシビアな仕組みになっています。

 

さらに、公演後も夜遅くまで稽古があります。

 

新しい舞台の稽古の時には先生が教えてくれますが、
普段の稽古は先輩が教えてくれるみたいです。

 

これはある意味素晴らしい制度だと思います。

 

だって、僕が蘭寿様に教えてもらうような感じですよね?

 

正直、稽古になるのかわかりませんが
最高に羨ましい制度であることは
疑いの余地なしであります。

 

 

 

ではここで、僕がハウステンボス歌劇団に興味を持った理由を。

 

昨日このブログの検索ワード見ていたんですけど、
そしたら「愛那月ひかる」というキーワードを発見しまして。

 

僕はこっち系のキーワードが大好物なので
早速調べてみたんです。

 

そしたら、愛那月ひかるさんという方が
ハウステンボス歌劇団に所属しているということを知りまして。

 

名前:愛那月ひかる (まなづき)
出身:埼玉
年齢:23歳
容姿:イケメン(男役)
出身校:昭和音楽大学ミュージカルコース
自己紹介:「ハウステンボス歌劇団プリンスルーキーこと愛那月ひかるです。」

 

「プリンスルーキー」という言葉は
生まれて初めて耳にしましたが、
かなり期待されている人に付けられる称号
だということだけはバカな僕でも理解できます。
(=僕には一生付けられることのない称号)

 

愛月ひかる、愛海ひかる、そして愛那月ひかる。

 

可愛い愛月さんの名前に似ているので
無条件で応援したくなる名前ですね。

 

ちなみにプリンスルーキーこと愛那月さんは
オーディションに合格して入団した団員の一人だそうです。

スポンサードリンク

歌劇学院の制服はジブリ?

去年「ハウステンボス歌劇学院」という
「宝塚音楽学校」にあたる養成スクールが開校しました。

 

第1期生は全国から集められた
18〜22歳の14人。

 

全寮制になっています。

 
寮の写真をちらりと見たんですけど
かなり綺麗な建物になっていました。

 

一人部屋のような写真もありました。
(→写真はこちら

 

歌劇学院のレッスンは
平日10時から17時過ぎまで。

 

ある1日のカリキュラムが番組で紹介されていたので
負けじと紹介しておきます。

 

1時間目:バレエ
2時間目:声楽
お昼休憩
3時間目:ジャズダンス
4時間目:シアターダンス
5時間目:シアターダンス

 

たぶん1コマ1時間半だと思います。
(動画を見る限り)

 

毎日、レッスンの1時間前には
掃除を始めるという宝塚さながらの厳しさも
この学校の魅力の一つだなと
他人事のように言ってみます。
(自分だったら無理だな。部屋超汚いし。)

 

バレエの先生は元タカラジェンヌの
雪奈つぐみ(泉リサ)さん。

 

やはりタカラジェンヌは綺麗ですねー!
というくらい美しい方で、
なんとハウステンボス歌劇団の
娘役トップなんだそうです。(たしか)

 

そんな方が、バレエ教えてくれるだけで感謝ですよ。

 

劇団の下級生も学院生と一緒に
レッスンを受けていました。
(劇団の下級生は、
こういった学校に通っていないわけですからね。)

 

一緒に基礎を学んでいるようです。

 

 

映像を見ていて気になったことが二つありました。

 

一つは生徒たちが劇団員のファンと化していたこと。

 

ハウステンボス歌劇団の方々は
デ◯ズニーランドの名物イベントのように、
テンボス内に張り巡らされた道を
歩きながらパレードをしているのですが、
その姿を稽古場から見ていて、
一生懸命手を振っているんですね。

 

それで男役の方が手を振り返してくれたら
「きゃーきゃー」大興奮しちゃったり。

 

みんな男役が大好きな
ただのファンのようでした。

 

 

もう一つは、歌劇学院の制服。

 

めちゃくちゃ可愛いんです。

 

ジブリ作品「猫の恩返し」の制服と全く一緒でした。

 

僕はこんな顔をしてジブリ作品が大好きだったりします。

 

はい、そうですよね。

 

こんな顔して宝塚好きな時点でやばいから
何も驚くことなんてありませんよね。

 

失礼しました。

 

 

ハウステンボス歌劇学院について
もう少し詳しく。

 

入学金:200,000円
年間授業料:650,000円
入寮費:37,000円

 

1年で卒業。

 

その後は初舞台を踏むわけなんですが、
そこから1年間は舞台実習生として
活動します。(学費・寮費免除)

 

実習生として1年間舞台に立ち
3年目でようやく歌劇団員になれるのです。

 

現在、二期生募集中です。

応募資格 18歳〜23歳(中学卒業者・高校卒業見込み 含む)
*身長158cm以上、痩身 *容姿端麗、舞台人として自覚を持てる方

 

ちなみに願書受付期間が
3月30日(消印有効)までなので
明日までということです。

 

お急ぎください!!
まだ間に合いますよ!!


スポンサードリンク


1件のコメント

  • おひさしぶり♪
    比較的、ハウステンボスの近くにすんでる私。
    でもネ、何度も長崎行ってるけど
    ハウステンボスは未体験なんですの…。
    先日、職場の同僚が小さい子供さん連れて
    ハウステンボスに遊びに行ったんだけど
    「子供が歌劇団のショーにくぎ付けで…
    めちゃめちゃ興奮してたんです」との報告うけました。

    あと、ショーの振付を担当しているのが
    正規煌(現在:麻咲梨乃)さんと檀ひとみさんです。
    花組と光組があってダンちゃんのブログには
    振付の話や何やらよくでてきますヨ。
    麻咲さんはもダンちゃんも月組にいた頃は
    ダンスがキレッキレの生徒さんでした♪♪

コメントを残す