マグノリア・コンサート・ドゥ・タカラヅカ

花組の発表いろいろ。

 

サプライズもあったりで
ちょっと嬉しかったです。

スポンサードリンク

Ernest in Love

出演者と一部配役発表がありました。

 

一部配役といっても、つい先日、
役替りの発表があったばかりで
今回発表されたのはブラックネルとレインの
二役だけでしょうか。

 

ブラックネルは前回に引き続き
花組専科の悠真倫さんでした。

 

ダンディーなおじ様の役を数多く演じてきた
悠真さんが、女性の役を演じることには
少なからず違和感を覚えてしまいますが、
「ご要望があれば子どもまで」
といった名言を残している悠真さんですので
この作品を観てしまったら逆に
男役に違和感を覚えてしまうようになっているかもしれませんね。

 

 

レインは前回演じていた組長の高翔みず希さんが
リンカーンチームになったということもあり、
アルジャノンの役替りを発表されていた
芹香さんと鳳月さんんが役替りで演じることになりました。

 

レインってよくわからないんですけど、
アルジャノンの執事らしいじゃないですか。

 

鳳月さんがアルジャノンを演じている時、
芹香さんがその執事ということですよね。

 

芹香さんはかなり若く見えてしまいがちなので
これはかなり試されているんじゃないかなと。

 

むしろ、今回ダンディーなおじ様を演じられなければ
次回の大劇場公演「ミーアンドマイガール」で
ジョン卿がまわってこないかもしれませんね。
(その時は瀬戸さんで)

 

とか、調子に乗ってベテランファンっぽく書いてみました。

 

 

リンカーン

出演者にざっと目を通して思ったこと。

 

ほぼ次郎吉だ…。

 

専科の夏美さんと北翔さんが
轟さんと英真さんに変わったくらいかな。

 

でも、よくよく見比べてみたら全然違ったんですけどね。

 

今回のリンカーンチーム30人の中で
次郎吉に出演していたのは13人。

 

意外と少なかったです。

 

次郎吉での主要メンバーたちがほとんど残っていたので
そう感じてしまっただけでしょうか。

 

新たに、将来のヤンミキ、オサアサ、まぁだいとの呼び名の高い
帆純まひろさんと聖乃あすかさんコンビが加わり
「リンカーン」ヤバいことになりそうです。
(※勝手にコンビにしているだけですので)
(※勝手に次期まぁだいにしたいだけですので)

 

で、こちらできになることは
ヒロインは誰になるの?ということだと思います。
(ヒロインなんてものは存在しないのかもしれませんが)

 

サプライズで100期生の糸月雪羽さんだったら面白いんですけど。

 

カリスタの新人公演では少年カルロに抜擢されて
少年ロベルトを演じた音くり寿さんよりも
当時は扱いが良かったですからね。

 

ただ、轟さんのリンカーンですし
100期生に相手役をさせるのは
ちょっと荷が重すぎるかもしれません…

 

そう考えるとやはり、
桜咲さんと仙名さんの二択でしょうね。

 

僕の予想では仙名さんじゃないかなと思っています。

スポンサードリンク

マグノリア・コンサート・ドゥ・タカラヅカ

コンサートの開催も発表されました。

 

第7回「マグノリア・コンサート・ドゥ・タカラヅカ」。

 

まずマグノリア・コンサートってなんですか?
という疑問から始まり、
第7回ってそんなに歴史あるイベントだったんだ!
と驚きましたね。

 

おそらく皆様はご存知かと思いますが、
マグノリアのこと知らなかったので
簡単に調べてみました。

 

マグノリア・コンサートっていうのは
逸翁美術館のマグノリアホールで開催されコンサート。
(そのまんまですね)

 

過去の出演者をまとめてみました。(※敬称略)

 

第1回 雪組 大月さゆ、香綾しずる、透水さらさ

第2回 月組 羽咲 まな、沢希理寿、響れおな

第3回 花組 鳳真由、真瀬はるか、仙名彩世

第4回 宙組 花音舞、花里まな、天玲美音

第5回 宙組  百千 糸 七瀬 りりこ

第6回 星組 音咲いつき、小桜ほのか、天彩峰里

 

今回がその第7回目ということで
花組から華雅りりかさん、
びっくこと羽立光来さん、
ひらめこと朝月希和さんが出演します。
(「ビッグ」じゃなくて「びっく」なところがミソですので。
「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」的な。)

 

今回とか書いてみましたが、
実はまだ第6回目は開催されていません。

 

来月末に開催されます。

 

天彩峰里さんが出演しますね!ウホッ

 

 

料金はなんと3,500円(全席指定)。

 

マイク無しで20曲くらい歌ってくれるみたいなんですけど
それがたったの3,500円って、安すぎやしませんか?

 

しかも第7回ではお値段据え置きで
花組の歌姫びっくこと羽立光来さんの生歌を聞くことができるんですよ。
(※第7回の料金はまだ発表されていません)

 

破格すぎです。

 

マグノリアは大阪なのでたぶん行けませんけども…

 

 

ちなみに申込方法はネットや電話ではなく、
FAXメール往復ハガキっていう。

 

この御時世に一体なぜなんだ?
っていう。

 

往復ハガキって、、、

 

昭和が生んだ生きた化石ですよ。
(もしスマホやパソコンをお持ちでなく、
往復ハガキを主な連絡手段として使われている方がいましたら申し訳ありません。)

 

僕は往復ハガキというものを
送り返した経験ならありますけど、
こっちから送りつけたことは一度たりともありません。

 

劇団に往復ハガキを送ったら
ちゃんと送り返してくれるんでしょうか?

 

第6回の申し込み開始が
「2015年10月22日(木)10時~」
となっているんですけど、
往復ハガキで申し込む場合、
いつ送ればいいんですか?

 

こういうのって開始直後から電話やネットが繋がらず、
繋がった時には時既に遅しのパターンが常じゃないですか。

 

この場合、往復ハガキって
ものすごく不利になるような気がするのですが…

 

絶対にメールかFAXで申し込む方が有利な気がするのですが…

 

だからって早めにハガキを送りつけたとしても
前日までに届いてたものは無効にされたりして。汗

 

往復ハガキの需要が少なからずともあるから、
申込方法の一つとして現在も残っているのでしょうか。

 

もしかしたら古き良き時代の申込方法を残すために、
チケット全体の30%は往復ハガキ枠だったりして。

 

そう考えたら往復ハガキで申し込んでみる価値ありそうですね。

 

第7回マグノリア・コンサート・ドゥ・タカラヅカに
申し込もうと思っているのであれば、
試しに往復ハガキで申し込んでみてはいかがでしょうか?

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す