一路真輝と花總まり。初演エリザベートやばいですね。

今更エリザベート熱が再燃してきまして
ネットにアップされているものを漁っているのですが、
やっぱり初演のエリザベートってすごいんですね。

 

20年近く前の作品にここまで引き込まれるなんて
正直自分でも驚いております。

スポンサードリンク

一路真輝のトートやばい。

僕は古い名作を観るよりも
駄作でも最近の作品を観る方が楽しいと思っています。
知っている人がたくさん出ていますからね。
なので昔の作品を観るとしても花組の作品ばかりですし
せいぜい春野さんくらいまでなんですよね。
(初演のPUCKも観ていますが。)

 

それに画質もあまり綺麗ではないですよね。昔の作品って。
だから抵抗があったんです。
でも今回、初演のエリザベートを観て気付いちゃったんです。
やばいことに。歌上手いし、色気あるし。
良い意味で花組のエリザベートとは違う。
これが初演派の人々が言いたかったことなのかと。

 

僕は花組のエリザベート観劇をするにあたって
予習をしていたんです。
もちろん初演のエリザベートも観ていたんですよ。
でも、その時にはぜんぜん気がつかなかったですね。
一路さんのトートの良さに。

 

ルックスでは断然明日海トート派だったんです。僕は。
(一路さんファンの方ごめんなさい。)
だから観劇前は明日海トートこそがNo.1だって決めつけていたんですね。
(なぜか春野トートの凄さには気づいていましたが。)

 

今、一路トートを観て正直に思うこと。
僕は一路トートが一番好きなのかもしれないということ。
たぶん漫画にすれば明日海トートが間違いなくNo.1ですけど、
舞台なら、あの顔といい、歌い方といい、
あの怪しい感じがたまらない一路トートが
僕の中ではNo.1だと思いました。

スポンサードリンク

花總まりのエリザベートもやばい。

で、初演のエリザベートの花總まりさん。
めちゃくちゃヤバイです。
僕が宝塚にはまる前から
なぜか名前を知っていたほど有名人で
有名なのにはそれ相応の理由があったんですね。

 

顔なんて宝塚に入るために生まれてきたような顔をされて
歌もすごく上手で、芝居もこんなにすごいんだと
感心しっぱなしでした。
「私だけに」の高音のところも
すっごく綺麗に歌われていて、
何回でも聞いていたくなってしまいました。
高い声と裏声の使い分けが上手というか
使い分けているのかすらわからないくらいでした。
あれ使い分けてますよね?

 

やっぱり二組でトップをされただけありますね。
この先ここまですごい娘役が出てくるのか。。
(檀れいさんは噂でいろいろ聞いていますが、
あの人は歴代一番綺麗な顔をお持ちなので
二組でトップをされたことは妥当だと思っております。)

 

今度スカイステージで花總さんの出演作品があるときは
観てみようと思いました。
何かオススメ作品とかあったら是非教えてください。
あと、みなさんのNo.1エリザベート配役とかありますか?
ある方は是非教えて下さい。


スポンサードリンク


16件のコメント

  • 過去の花組作品を観るなら、大浦みずきさんは押さえておく方が良いですよ。
    「ダンスの花組」を確立した方なので。
    とても心臓が悪かったとは思えない動きです。
    (現役時代、心臓については伏せてらしたので、知りませんでしたが)
    私は月組贔屓でしたが、友人に大浦みずきファンがいて、かなり耳タコでした。
    遥か過去の記憶ですが、大浦さんを憶えてるのは、彼女のおかげです。

    一路トートと花總シシィは「知ってるけど観てない」です。
    宝塚から離れていた時期なので。
    阪急王国の住民なので、ポスター等でよく見かけましたし、特に一路トートは印象に残っています。

    • 土方

      シエスタ様

      いつもコメントありがとうございます。

      やはり大浦みずきさんですか。
      花組ファンを公言しているからにはチェックしておかないとですね。
      大浦さんが亡くなられていたことを最近知って驚きましたが、
      伝説のように語り継がれていますよね。
      大浦さんの現役時代から宝塚ファンだったシエスタ様もまた伝説です。

      エリザベートってなかなかスカイステージで放送してもらえないんですよね。
      一回、初演から全て放送してもらいたいくらいです。
      花總シシィの「私だけに」は必見です!

  • pideki

    またまたこんにちは!
    久しぶりに訪問させていただいた土方さんのブログが共感しすぎな内容でびっくりしました(笑)

    タイトル、全く同感です!
    僕は初めての宝塚ビデオ観劇が一路さんエリザ、初めての大劇場観劇が真琴さんのルナでした。
    これは学生時代お付き合いしていた宝塚好きな彼女のすすめで見たのですが、その後すぐに彼女とは分かれてしまいました。
    僕も宝塚に興味が出ていたもののまだ1人でチケットを取る勇気はなく、そうこうしている間に忘れてしまい〜

    〜ラストタイクーンで復活!(笑)現在約20年越しに完全にハマってしまった訳ですが、先日花組エリザを観劇し感動すると同時に、当時見て衝撃を受けた一路さんエリザの事を思い出していました。
    1本しかない宝塚のビデオを繰り返し何度も見て、これが宝塚なのか!とドキドキしたあの日・・←遠い目
    ビデオは返してしまっていたので、劇中の歌のフレーズなどは何となく覚えていましたが、何が凄いと思っていたのかを確かめるため先日一路エリザベートを購入しました。

    約20年ぶりに見た感想。。僕も土方さんと同じくルックスでは明日海トートです。(一路さんファンの方ごめんなさい)
    しかーし、一路トートと花總エリザベートは圧倒的に「ヤバイ」です!
    何がヤバイかは土方さんが僕の気持ちを全て書いてくれているので割愛させていただくのですが、一路さんに関しても花總さんに関しても全く同意見でございます。
    僕はFacebookには宝塚ネタをちょこちょこ書いているのですが、初代を見返した日に同じような事を書いていました。初代エリザ、パネー!と。。←実際はもう少し上品です
    エリザベートの初代と最新作だけを鑑賞し、全く同じ事を思っている僕たちは似た者同士〜♫と勝手に歌わせて頂きます。

    一路さんはトートのイメージのままでいたいので他の作品は見たくないし、エリザベートも今他の方の作品を見てイメージが違ったら恐い気がしています。(ずんこさんとおささんのトートも凄いとは聞きましたが)
    いっちゃんスカーレットもいいよ!と言っている方もいるのですが、退団されている事だし僕の中では一路さんは一生トートでいいです(笑)

    僕は最初に見たのがエリザベートで良かったと思っています。
    実は子供の頃から、男だから絶対見ないとなぜか心に誓っていた(大げさ)宝塚。
    ふとしたきっかけで宝塚を知れた事で、ブランクはあるものの宝塚は素晴らしいものだという認識はずっとありました。

    確かに時代ものや難しい話のもののように、慣れてきた頃に見るものを一番最初に見てしまったら宝塚の良さは分かっていなかったかもしれません。
    しかしエリザベートのような誰が見てもインパクトのある作品を見た時、男女関係なくあの宝塚という世界の住人になると思います。
    僕の周りには宝塚を理解していない(見ていない)人だらけです。
    そういう人に名作を見てもらい、一緒に観劇し共感し合える仲間を増やすとここに決意したいと思います!
    ・・と興奮して長文になり勝手に決意表明してしまってますが、これからもよろしくお願いします(笑)

    • 土方

      P様

      またまたありがとうございます。
      僕たちは似た者同士でしたか!
      本当にこの世界で安らげる居所がないですね。

      P様にとって初演のエリザベートはそこまで思い入れのある作品なんですね。
      ちょっとビデオ観劇には反応してしまいましたが
      当時の彼女さんには素敵な出会いをさせてもらったのですね。

      約20年越しのエリザベートも素敵な出演者でよかったですね。
      歴代一のルックスを誇るメンバーにエリザベートの凄さを僕は教えてもらいました。

      初演のDVDを購入されたんですか!
      羨ましいです。
      ビデオではないので繰り返しみてもテープが切れる心配がないから
      飽きるまで何百回と観てくださいね!!笑

      本当に一路トートの怪しさが素晴らしい初演エリザベートは「ヤバイ」です。
      ルックスは明日海トート派なんですけどね。(一路さんファンの方ごめんなさい)
      そして今、冷静になって思うこと。
      僕は花總さんにはまりかけているなと。汗
      気がついたら花總さんの動画を見漁っている自分がいます。

      エリザベートは若干難しい話ですが、
      あのインパクトだったり、曲がすべて素晴らしい事だったりと
      友達に最初に紹介する作品にはぴったりかもしれませんね。
      ただ、僕はオーシャンズ11も捨て難いと思っていますが。

      これからも似た者同士よろしくお願い致します。

  • あき

    私も今年の花組観るまでは、初演雪組派でした。
    見事に歌唱巧者揃いでしたね。
    No.1キャストを選んでみたのですが、他は迷いましたが、エリザベートは
    断トツで花聰まりさん!
    前日にモーツァルトを観てきましたが、はなちゃん相変わらす美声で若々しい。
    来年の東宝版エリザベートは、是非はなちゃんにやってもらいたい!
    宝塚退団してしばらく和央さんのマネージャー的な事をして、表舞台に出ていませんでしたが、復帰して本当に良かっ(*^^*)

    宝塚エリザベート マイベストキャスト、散々迷って選んでみました。

    トート 一路真輝
    エリザベート 花聰まり
    フランツ 北翔海莉
    ルキーニ 望海風斗
    ルドルフ 明日海りお
    少年ルドルフ 安蘭けい
    ゾフィー 出雲綾
    エルマー 蘭寿とむ
    シュテファン 汐美真帆
    ジュラ 未涼亜希
    マックス 越乃リュウ
    ルドヴィカ 花野じゅりあ
    ヘレネ 華燿きらり
    ヴィンディッシュ 稜あきの
    マデレーネ 蘭乃はな
    ツェップス 天真みちる
    マダム ヴォルフ 美穂圭子
    リヒテンシュタイン 美々杏里

    エリザベート、フランツ、少年ルドルフは即決。
    トートは、姿月さんと明日海さん、ルドルフは、香寿さんと朝海さん、
    エルマーは、和央さんと瀬戸さん、ゾフィーは、一花さんと未来さんとで、かなり迷いました。

    • 土方

      あき様

      いつもコメントありがとうございます。

      No.1キャストありがとうございます!
      ここまで細かく書いていただけるなんてうれしいです。
      勉強不足のためまだまだ知らない人がちらほらいたりしますが、
      しっかりと調べておきます。

      やっぱりトートは一路さんですか。
      そうなんですよね。明日海さんは美しいんですけど
      「死」というイメージにおいては一路さんの方が僕もいいと思いました。

      エリザベートの花總さん。
      フランツの北翔さん。
      わかります!!!
      激しく同意いたします。
      東宝のエリザベートには花總さん出演されたことがなかったんですね。
      来年あるなら絶対に花總さんですよ!
      小池先生のもと2度もエリザベートをされて
      あき様もダントツと言い切るほど素晴らしいエリザベートを演じられた
      花總さんしかいませんよ。
      もしそうなったら高いお金をだしてでも観に行きたいと思います!!!

      エルマーの蘭寿様VS瀬戸さん。
      これほど悲しい戦い、他にみたことがありません。。笑

  • ことりん

    土方様

    こんにちは、いつも楽しくブログ拝見してます。

    花總まりさんのお名前が出てきたので初めてコメントさせて頂きます。

    私は土方さんよりももっと宝塚初心者、まだまだの者で恐縮です。
    私が一番好きな作品は花總さんと和央ようかさんコンビ宙組の「ファントム」です。和央さんとのコンビを組んでいた花總さんが私の中では一番好きです。「鳳凰伝」も花總さんの迫力半端なく、女帝といった感じです。

    是非、お時間ある時にでもご覧下さいませね。

    私は実はまだ蘭寿さんの作品を観たことなくて…
    早く辿り着きたいです^_^

    • 土方

      ことりん様

      初めまして!
      コメントありがとうございます!!

      花總まりさんはみなさんに愛されるジェンヌさんだったんですね。
      和央さんとの「ファントム」ネットにアップされているものを
      さっそくチェックしてみました。
      先日ブリドリで聴いた「Home」最高でした。
      花總さん歌上手で何回も繰り返し聴いてしまいました。
      僕はもう花總さんのファンになってしまったのかもしれません。汗

      「鳳凰伝」もチェックしておきます!!!
      こういった作品をスカイステージで是非放送してもらいたいです。

      蘭寿様は何と言っても「オーシャンズ11」がおすすめですよ!!
      もし機会があれば観てみてください。

  • ちびまる

    エリザベートは私が宝塚にハマるきっかけの作品で一番好きな作品です。
    長年に渡り再演されてきたことで、その素晴らしさは周知の事実だと思います。
    いろいろなエリザベートを見ましたが、一路さんと花總さんコンビが最強だと思っています!
    ビジュアル的には、水さんや瀬奈さんのトートが好きです。
    また、白羽さんのエリザベートも好きでした。
    りおさんのトートは可愛らしすぎるかな?というのが私の第一印象でした。
    他の読者様が書かれているように、りおさんはルドルフがはまり役だと思います。若々しく、麗しい皇太子というところが。

    • 土方

      ちびまる様

      コメントありがとうございます!

      ちびまる様も宝塚への入口となった作品がエリザベートだったんですね。
      ちなみにどちらのバージョンが最初の観劇だったのでしょうか?

      初演の一路トートと花總エリザベートは人気ですねー!!
      これを舞台で観ていた人は幸せだと思います。
      一生自慢できると思います。

      水さんもトート似合いますよね。
      ルックスだけでいったら水さんか春野さんが
      トートっぽいのかもしれません。

      白羽さんが水さんバージョンですか!
      チャンスがあれば観てみたいです。

      • ちびまる

        私が初めに見たのは、春野トートと大鳥エリザベートのコンビでしたね!

        最初のルキーニ登場で
        惹きこまれました。

        • 土方

          ちびまる様

          コメントありがとうございます。

          春野さんバージョンでしたか。
          僕もそのバージョンが初めてのエリザベートでした。
          みんな歌が上手で素晴らしいメンバーでしたよね。
          今更ですが大鳥さんのエリザベートもよかったな。

          瀬奈さんのルキーニもかっこよかったですねー。
          あれは惹き込まれてしまいますよ。
          しょうがないです。はい。

  • あき

    土方様へ
    いつもご丁寧にお返事ありがとうございます(*^^*)

    トート迷いました(>o<")
    そうなんです!ビジュアルは、みりお様が過去最高なのですが、歌唱力と妖しさで、そして初演の強みということで、僅差でイチロ様。
    みりお様は、ルドルフにまわって頂きました。

    歴代東宝エリザベートは、一路さん、涼風さん、朝海さん、瀬奈さん、春野さんですが、お花様は、レディ・ベス、モーツァルトと、小池先生の作品に続けて出演してますしね。
    でもまた元男役トップさんかな?ビジュアルならかなめさんが良さそうですが、歌唱力が・・・
    Wキャスト、トリプルキャストでもいいから、花聰まりさん!出てほしいですね。
    エルマーも究極の選択でした。。(〃_ _)σ∥

    • 土方

      あき様

      こちらこそいつも丁寧にコメントしてくださりありがとうございます。

      僕は観ていませんが明日海さんのルドルフは素敵なんでしょうね。
      ちびまる様も明日海ルドルフに一票いれていましたし。

      歴代のエリザベートはみなさん男役トップスターさんなんですか。
      小池先生は男役が好きなのか、それとも男役の方が人気だからか、気になりますね。
      でも次回は絶対に花總さんでお願いします!

      凰稀さんのビジュアルならトートが似合いそうです!
      外部ではさすがに無理だと思いますが。。

  • 天谷 天音

    土方様

     こんばんは。
     「エリザベート」の初演は宝塚にとっても、ウィーン劇場協会にとっても失敗できなかったと聞いています。
    宝塚にとっては版権が非常に高かったらしく、損失を出さないために失敗は許されず、
    ウィーン劇場協会は初の輸出公演だったので、今後世界中で公演していくためには成功しなければならなかったそうです。
    なので、初演メンバーはそれこそ命がけで作り上げたそうです。
    当初はあまり人気がなかったそうですが(びっくりですよね)、
    徐々に人気が出て、最終的には「ハプスブルクブーム」というものを起こすほどの人気になり、
    ウィーン劇場協会からも高い評価を得ました。
    特に轟さんは男性が演じているものだと思われたらしく、
    この評価が現在の専科のトップスターというポジションにつながったのでしょう。

     「エリザベート」は今でも進化し続けている作品です。
    なので単純に考えると、初演公演はさまざまな面で今よりはるか劣っていたと言えると思います。
    しかし、その初演が今でも伝説のように語り継がれているのは本当にすごいことですよね。

     私も一路トート、花總シシィは最高だと思います。
    しかし私は2005年の彩輝トート版が好きです。(評価はあまり高くないのですが)
    初めて見たエリザベートというのが一番の理由ですが、
    彩輝さんのトートは生きている感覚がせず、死神でもなく、
    「死の具現化」そのものに思えました。
    瀬奈さんのシシィもゾフィーをものともしないくらい屈強と言われましたが、
    自由奔放な少女が窮屈な皇室に押し込められていく様は
    本当のシシィもこんな感じだったのかなと思いました。
    そして何よりデュエットダンスが大好きなのです。
    ショートカットのシシィも新鮮なのですが、
    瀬奈シシィが妖艶に彩輝トートを誘惑するように踊るのです。
    それがまるでシシィの本性を表しているようで……
    あの無意識の妖艶さにトートもフランツもルドルフもルキーニもやられてしまったのでしょうね。

     「エリザベート」同様、役者さんが役者生命を懸けた作品として知られているのは
    来年宙組での再演が決まっている「王家に捧ぐ歌」ですね。
    男役である安蘭さんはこの作品で演じたアイーダが宝塚人生で最も思い出に残っているそうです。

     花總さんは劇団にとっては理想の娘役のようで、
    花總さんを意識した娘役さんは良い扱いを受けているという噂もあるくらいです。
    私が個人的に印象に残っているのはベルばらのマリー・アントワネットです。
    処刑台での凛とした姿はまさにフランス王妃 マリー・アントワネットそのものでした。
    YouTubeに「花總まりが演じた役ベスト3」という動画があるので、
    一度ご覧になってみては?

    • 土方

      天谷天音様

      今回も素晴らしい情報をありがとうございます。

      >「エリザベート」は今でも進化し続けている作品です。
      >なので単純に考えると、初演公演はさまざまな面で今よりはるか劣っていたと言えると思います。
      >しかし、その初演が今でも伝説のように語り継がれているのは本当にすごいことですよね。
      この意見に激しく同意いたしました。
      たしかに今のエリザベートの方が良くないといけないはずですよね。
      これまでの良いところを踏まえて、さらに良くしていく。
      これは出演者だけでなく、演出家など他のすべてのスタッフに言えることですし。
      その中で初演派が多数いることは本当にすごいことです。
      初恋は忘れられないもの的考えもあるかもしれませんが
      僕みたいに初恋でもなく(初演が初エリザベートではない)
      初演派の方もたくさんいそうですしね!
      そして僕は一路トートと花總エリザベートばかりに注目していましたが
      轟ルキーニは本場からかなり評価されていたのですか。
      そりゃ、理事になりますね!!

      彩輝トート派なんですか!
      僕はみたことがありませんが、天谷様がそういうなら
      俄然興味が湧いてきました!
      今度チェックしてみたいと思います。

      「花總まりが演じた役ベスト3」
      早速拝ませていただきました。
      これやばいですね。
      マリーアントワネットそのものでした!
      でも僕はエリザベート派です。
      初恋のアレと一緒かもしれませんが。笑
      来年の東宝のエリザベート、ぜひ花總さんでお願いしたいですね!!

コメントを残す