冴月瑠那とイタリア語と英語。

せっかく歌劇購入したので
もう一個くらい記事にしとかないと
元が取れないかなと思いまして
今日も筆を執ります。

スポンサードリンク

甲子園

星組さん、甲子園行ったらしいです。

 

それもかなりの大所帯で。

 

これを聞いて最初に思い浮かぶことは、
「近くの席に座っていた人、羨ましいな」
で、まず間違いありませんが、
「みんなで野球観戦しにいくなんて
星組さんはどんだけ仲良しなんだ!」
と、なぜだか嬉しく思ったりしました。

 

また、その観戦メンバーの中には組替えしてきた
七海さんもしっかりと入っていたみたいで、
すっかり星組に馴染んでいるんだなと
父親でもなんでもないくせに安心したりもしました。

 

そんな野球観戦について如月さんが
楽しい話をいろいろと紹介してくれた中で
一番気になった話といえばやはり、
「らんらん(飛河)はゴメス選手の活躍に胸を撃ち抜かれ、将来嫁ぐことを約束した。」
という箇所ですよね、もちろん。

 

飛河さんは94期の男役、
まだまだこれからが楽しみな方ですが、
ゴメスは現在31歳。

 

もし現在ゴメスが結婚していなかったとしても
そろそろ結婚を考える年頃だと思うので
二人の結婚が成就するのかどうかはわかりません。

 

とりあえず暖かく見守ることにしましょう。

 

 

ちなみにゴメスという選手が
どのくらいすごい選手なのかについて。

 

Wikipediaの情報によると、
ゴメスは甲子園球場でドローンを飛ばして
厳重注意を受けた経歴の持ち主とのこと。

スポンサードリンク

英語とイタリア語

これ知っている話だったんですけど、
今回の「組レポ。」で鳳さんが
ある方の語学ついて触れていたので。

 

というか、質問者様からの質問に答えるべく
鳳さんが聞きに行っただけの話なんですけどね。

 

で、その語学が堪能の天才というのが
花組が誇るイケメン中のイケメン冴月瑠那さん。

 

容姿端麗、ダンスの神、性格良い(おそらく)など
それだけでも十分羨ましすぎる限りなんですけど、
なんと語学まで堪能なんですよ。
(まじで一つでいいから僕にください)

 

しかも語学堪能というのも
英語が話せるといったありきたりなやつじゃなくて、
英語とイタリア語が話せるという
天然記念物級の能力の持ち主であります。

 

もはや神です。

 

ただですね、人間ってそんなに才能必要ですか?

 

たかだか80年とかしか生きられないのに
ちょっと冴月さんの才能多すぎやしませんか?
(僕は80年とか生きる予定なのに才能が一つも…)

 

ちゃんと神様から授かったその才能たちを
使い倒せますか?手に余らせていませんか?
(一番いらないやつでいいのでください)

 

 

で、その質問者様の質問というのが
「英語とイタリア語がお得意だそうですが、日本ではどのくらい使われますか?」
というもの。

 

「有り余る才能をどのくらい使いきれていますか?」
という質問者様の質問の中から
「使い切れていないのであれば一つ私にください」
という隠れたメッセージまで読み取ることができますよね。

 

つまり皆様僕と同じような事を考えているんじゃないかなと。
(同じような事を考えている人がいたとしても
僕ほど切に願っている人はいないんじゃないかな…)

 

 

中卒で宝塚音楽学校に入学している冴月さん。

 

わずか15年ほどの間に、
僕がほしいもの全てを手に入れていたことになります。

 

15歳だった頃なんて
まだ鼻くそほじりながらテレビを見ていた時ですよ、ちょうど。

 

その時に冴月さんはイタリア語と英語を話せて、
宝塚音楽学校に合格するために必要なスキルを身につけていたのです。
(しかも容姿端麗で性格も良い)

 

もちろん鼻くそほじってた僕にも罪はありますが、、、

 

 

 

「鼻くそなんてほじってる場合じゃない、
来世ではスタートから飛ばしていこう!」

 

そう決意せざるを得ない鳳さんの「組レポ。」でした。


スポンサードリンク


1件のコメント

  • マノロ

    ガイズ&ドールズで文字通り胸を撃ちぬかれるギャング役の飛河蘭さんは残念ながら今回が退団公演ですね。先日の大劇千秋楽では「東京でもいい死にっぷりしたいと思います!」と爽やかな笑顔が印象的でした。

コメントを残す