北翔海莉と妃海風の退団。

恐れていたことが起こりました。

 

北翔さん…

スポンサードリンク

北翔海莉の退団

大劇場公演たった3作での退団。

 

これはちょっと早すぎるのでは?
なんて思ってしまいます。

 

思い起こせば、このブログを始めた頃
まだ北翔さんは専科に所属していまして、
十分トップになれる逸材でありながら
将来どうなっていくのか全くわからない
というような状況にありました。

 

果たして、北翔さんはトップになれるのか?

 

なんていうことも
初心者ながら書き綴っていたような気がします。

 

多分。

 

あれから約2年が経った今、
星組のトップスターとなり
退団まで発表されているんですから、
時の流れというのは速いものですね。

 

北翔さんにとってのこの2年、
本当にたくさんのことがあったと思いますが、
あっという間に過ぎていったのではないかな
と、推測してみたり。

 

今、北翔さんのウィキペディアで
これまで出演してきた作品を見てみましたが、
月組時代24作品、宙組時代22作品、
専科時代10作品もあるのに対し、
トップである星組ではたったの6作品だけ
という事実を目の当たりに…
(コンサートとかディナーショーも含めて)

 

トップになるまで56作品、
トップで6作品。

 

多分この下積み時代?の作品数に対しての
トップ時代出演作品数は、
他のトップの方と比べても
圧倒的に少ないんじゃないかなと。

 

これを喩えるなら、
短い時間かもしれないけど誰よりも輝くために
長い時間地中で準備をしてきたセミのよう。

 

わずか一週間のために
7年間準備をしてきたセミのよう。

 

北翔さんもトップになるまでの長い時間の全ては
トップとして6作品(大劇場公演は3作品)のために
あったものだったのじゃないかなと。

 

まるでセミのような宝塚人生。

 

まだまだ終わっていませんが。

 

今が一番脂が乗っていて輝いている時期ですが。
(「最近しか知らないお前が言うな」
という声が不思議と聞こえてきます)

 

 

 

ってかセミの例えキモいですね。

 

喩えっていうかセミがキモいというか。

 

セミってよく見たら超リアルな顔とか柄してますし。
(つぶらな瞳がキモさを引き立てます)

 

虫の世界のキモいランキングで
毎年トップ争いを繰り広げているのは
カマキリかセミかっていう話ですからね。

 

そういえば北翔さんが歌劇で、
最も嫌いなものが虫って言ってたし、
この喩え絶対嬉しくないだろうな。

 

そもそもの話なんですけど、
セミって7年間も土の中で何してるんですか?

 

たぶん寝てるだけですよね。

 

食って寝る。それだけ。

 

準備と称して食っちゃ寝してるだけ。

 

まるでニート。

 

そんな引きこもり気質なやつを喩えに使うなんて
誰よりも努力してきている北翔さんに対して
本当に失礼なことでしたね。

 

申し訳ありません。

 

セミの喩えは却下で。

スポンサードリンク

妃海風の退団

宝塚という世界は
この世に存在するものの中で
最も美しいものである、ということに
疑いの余地が無いわけなんですが、
その宝塚の中でも僕が最も美しいと思っているもの。

 

それが添い遂げ退団なんです。

 

やっぱり娘役(特に同時に就任した場合)は
トップに付いて退団するのが”美学”じゃないですか。

 

そりゃ、辞めてほしくなんてありません。

 

妃海さんの歌声には何度も癒やされてきたわけですし。

 

95期の妃海さんはまだまだトップとして
活躍していける年齢であるかと思いますし。

 

ただ、ここで北翔さんに添い遂げる
という妃海さんの意思というものが
本当に美しいものだと僕は思うのです。

 

そういうことなんで
北翔さんの退団=妃海さんの退団
となり、しょうがないことであり
美しいことであると結論づけました。
(土方が美しいと連呼することほど
キモいことはない、と結論づけないで)

 

 

北翔さんほどの実力者の退団が
宝塚歌劇に及ぼす影響というのは、
サッカー日本代表でいうところの
中田英寿の引退に匹敵するほどのもの、
野球◯博騒動の収まらない野球界で言うところの
松井秀喜の引退に匹敵するほどのもの
であると僕は考えます。

 

一つの時代が今
終わりに近づこうとしているんだなと、
たかだかここ2、3年で
宝塚の魅力に取り憑かれたばかりの若造のくせして、
生意気なことにも思ってしまいました。

 

北翔さんの退団が本当に残念でならない反面、
退団後の活動に今から興味が湧いて仕方がない
自分がいることもまた事実だったりします。

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


6件のコメント

  • ふくちゃん

    セミ!
    セミについても熱いですね!笑

    トップの期間は短いだろうと言われてましたが、やっぱり寂しいですね。
    お二人が退団されるまで、お二人の舞台を私たちも楽しみましょう(o^^o)

    • 土方

      セミには何の罪もないのですが、、
      まあ実質ニートですからね。
      セミに対して「1週間しか外で生きられなくて可哀想」
      みたいな意見をお持ちの方が多いかと思いますが、
      そもそも虫なのに7年くらい生きられることに
      もっと注目すべきじゃないかなと。
      カマキリの雄なんて子供作ったら雌に食べられますし
      それと比べたら全然かわいそくないですからね。

      はい!
      お二人の退団まで楽しみましょう!

  • ふくちゃん

    返信ありがとうございます。
    セミ、昆虫語りますね〜。
    しかし、7年、我慢できる、いろんな環境に耐えられる強さには頭が上がりません。
    昆虫の世界は厳しい!

    いや、本題はみちふう退団悲しい。&これからも応援しよう!でしょー!笑

    • 土方

      話がそれてしまいましたね。
      最後まで応援しましょう!!

  • hisako

    いつも楽しく拝見させていただいてます。
    みっちゃんの退団、残念です。
    実力は十二分ながら「化粧が嫌い」というのが、弱点でしたね。
    ビジュアル最高ならとっくにトップになって、とっくに退団してたかもしれないので、そこは長く居てくれただけ良かったのか?なんて思ってしまいます。
    退団されたら、やはりトラックを運転して旅芸人をやってくれるのではとか、海自の旦那さんをゲットして、どっちが結婚式で礼服を着るかで争ったりとか想像して楽しんでます。

    • 土方

      いつもありがとうございます!
      退団後の妄想、面白すぎです!!
      あれほど芸事を突き詰めた人が
      トラックの運転手になったら
      本当に素敵だなと思います。

コメントを残す