和希そら+朝月希和=和希希和。MEN’S NON-NO4月号

歌劇4月号のカラーポートとコラボレーションが
ヤバいことになってました。

スポンサードリンク

カラーポート

今月号のカラーポートは
早霧さんの爽やかな一枚から始まります。

 

なんか申し訳なくなるくらい爽やかです。

 

この人本当に綺麗な顔してますね。

 

 

東宝のエリザベートのポスターを挟んで
びびるぐらいスタイリッシュな朝夏さんが待ち構えています。
(手長っ!両親に感謝ですね)

 

「朝夏まなと」の字の両サイドには
翼をモチーフにしたラインが二本ありました。

 

でも「まぁ坊」はどこを探しても隠れていませんでした。
(意味わからない人ごめんなさい)

 

 

次のページには大人可愛い実咲さんと
僕の大好きな咲妃さんがいます。

 

実咲さんは普段と雰囲気が違くて
別人かと思ってしまうような
そんな新たな一面が見られる一枚となっています。

 

そして、咲妃さんについては
「愛らしい」という言葉しか見つかりませんでした。

 

 

で、可愛美しい花乃さんと
爽やか青年真風さんの次のページを開くと…

 

 

 

 

 

MEN’S NON-NOに広告を出していそうなブランドが
なぜか歌劇にも広告を出していました。

 

PaulSmithの広告の十輝さんと、
ブルガリの腕時計の広告の七海さん。

 

みたいに、なぜかこのページだけ
異色のページとなっています。

 

二人とも完全に男でした。

 

言葉で伝えるの難しいので
歌劇を持ってる人は見てみてください。

 

絶対に納得してもらえるはずですので!!

 

ちなみに、今回のカラーポートには
海乃さんまでいました。

 

こういうの嬉しいですね。

 

海乃さんのカラーポートがあるなら
あと200円くらい値上げしても
間違いなく買っていましたから。

 

やっぱり可愛いんですよ、海乃さんは。
花組にこないかな。

 

横には今月号のカラーポートの
ベストイケメン賞を受賞した方がいます。

 

悪そうな顔をしています。

 

これ絶対に海乃さんのことを狙っています。

 

純粋そうな海乃さんの横に
こんな悪そうな顔をしたイケメンを
配置しないでほしいですよね。

 

この方は目が合ったら逸らさないチャラジェンヌとして
このブログでは有名な方なんですから。

 

ただ、なんで横にいるチャラジェンヌの方が
海乃さんよりも後にいるんでしょうね。

 

というか、この順番てどうやってきめてるんですか。

 

2番手羽根を背負っている芹香さんよりも
七海さんの方が先にいましたし、
七海さんとチャラジェンとの
あの距離も気になりましたし。

スポンサードリンク

コラボレーション

 

和希そら+朝月希和=和希希和

和希さんが言っていたんですけど
「和希そら」と「朝月希和」って漢字が逆なんです。

 

言われるまで全然気がつきませんでした。

 

結婚したら和希希和になりますね。

 

それ言ったら、蓮つかささんと
如月蓮さんが結婚したら
蓮蓮になりますけどね。

 

まあこっちは男同士なので
無理なんですけど。

 

ちょっと違うタイプでは
望海風斗さんと星南のぞみさんで
望海のぞみさんにもなりますし、
礼真琴さんとすみれ乃麗さんで
礼麗になりますし、
真琴つばささんと礼真琴さんで
真琴真琴になります。

 

どうでもよすぎることを調べるために
時間使いすぎてしまって涙がでてきました。

 

98期娘役

もう一つのコラボレーションは
永久輝さんと有沙さんと星南さん
という3人の贅沢なコラボレーション。

 

将来の雪組を背負っていくであろう
若手3人の輝きがコラボレーションしちゃって
とんでもない一枚になっていました。

 

で、コラボレーションって
一人一ページずつ自己アピールの場が
設けられているんです。

 

そのアピールの場なんですけど、
先ほどの時間の無駄遣いのときにおとめを見ていて
僕はあることに気がついてしまったのです。

 

 

有沙さんと星南さんが同期ということは有名な話ですよね。

 

おとめでも横に並んでいました。

 

でも実はですよ。

 

ここだけの話なんですけど、

 

おとめの中では星南さんの方が先に
名前書かれているんです。

 

つまり、星南さんの方が有沙さんよりも
成績が上ってことじゃないですか。

 

でもコラボレーションでは
有沙さんの方が先に紹介されているんです。

 

これって、そういうことじゃないですか。

 

先のカラーポートもそうですけど、
歌劇の一企画においても
常に争いが潜んでいるんですね。

 

星南さんの座右の銘が
「自分に勝つ!!」という、
北翔さん並みに人ストイックな方ですし、
きっとそこまで気にしてないと思いますけど
自分に負けずに頑張ってほしいですね。

 

有沙さん派の僕が言うことでもないんですけど。


スポンサードリンク


2件のコメント

  • もぐら

    土方さん、
    いつも楽しく読ませていただいてます。土方さんのセンス抜群のユーモアとタカラジェンヌへの愛に溢れたコメントが大好きです。
    コラボレーションの名前の組み合わせが面白く、思わず声を出して笑っちゃいました。こういうところも手を抜かない土方さん、さすがです。
    基本read onlyなのですが、時間をかけて調べて下さったことに感謝の気持ちを伝えたくコメントしました。

  • 土方さん、また面白いところに目をつけられましたね。

    朝夏まなとと瀬戸朝香が結婚したら、朝夏朝香ですね。
    あ、瀬戸さんは井ノ原快彦と結婚してるから、無理か。
    あるいは、タカラジェンヌではないから、無理か。

    ……じゃあ、私も無理…?!
    朝夏さんと結婚したかったのに…!(絶対無理)

    チャラ男といえば、朝夏さんですが、他にもチャラジェンヌがいるんですね。
    あら、この御方ですか……わたくし、この御方は貴公子だと思ってました。
    チャラいんですか? そうですか。
    土方さんのブログでは、『すみっこぐらし好き』が印象深く刻み込まれています。

    男役さんの場合、最近は一重と切れ長の目を強調したメイクをよく見かけますね。
    確かに、ぱっちりお目々より大人の男度が上がり、断然セクシーかもしれません。

    歌劇が200円もアップしたら、わが家の財政を逼迫するので困ります。
    たとえ海乃美月さんが、どれほど可愛くても。
    でも、朝夏さんと明日海さんがコラボする写真なり記事なりがあれば、300円アップでも買います。

コメントを残す