宝塚流行語大賞。大賞は…

某サイト様で行われていた宝塚流行語大賞2014。
さっき、この流行語大賞を発見したのですが、
意外と知らないものもランクインしていたりで
まだまだ宝塚は奥が深いんだなと。

 

とはいえ、このブログでめちゃくちゃ乱用していたものたちも
しっかりとランクインしていたので嬉しくもありました。

スポンサードリンク

第5位 「愛に溢れた雪山のジャイアン」

これ柚希さんの言葉ではありませんよ。
大運動会でジャイアンされていましたけど
柚希さんの言葉ではありません。

 

元雪組トップスター壮一帆さんの言葉です。
たしかに、柚希さんよりも壮さんの方がジャイアンですもんね。
あのオラオラ感がたまらない壮さんに
ぴったりな言葉だと思います。

 

現在、愛に溢れた雪山のジャイアンは
若干髪を伸ばされ女性らしくなりつつあります。
どんなに美しくなろうと、押切もえさんのようになろうと、
あのオラオラ感だけは忘れずに持っていてもらいたいものです。

 

第4位 「望海だいもん」

エリザベートの初日かなんかの挨拶において
望海さんを紹介するときに「望海だいもん」と言って
大爆笑を巻き起こした我らが明日海りおさんの迷言。

 

「望海だいもん」が爆笑を巻き起こしたというと
ちょっと語弊を招いてしまいそうなので解説いたします。
「同期の望海だいもんは、、、、だいもんという愛称なんですけど、」
という後ろの解説込みで大爆笑を巻き起こしたのです。
「明日海さん、そんなの全員知ってますよ。おほほ」
というファンからのツッコミを意味する爆笑だったと認識しております。
それと、「さすがに同期の名前は間違えないでしょ。さすがに。」
というファンの心理を逆手に取った
明日海りおさんのファインプレーが生み出した
産物と言ってもいいかもしれません。
例え、そこらのジェンヌさんが同じ間違えをしたとしても
ここまでの一大センセーションは起こせなかったはずです。

 

この表現は何度も使わせてもらいましたし、
今でも時々このブログに登場する表現であります。
「瀬戸かずや」を「瀬戸あきら」と間違えるくらい
「望海風斗」を「望海だいもん」と間違えてしまう方が
絶賛増殖中なのではないでしょうか。

 

第3位 「チケ難」

これもたくさん使わせてもらいました。
今年はチケ難公演多かったですもんね。
(今年と去年しか知りませんが。)

 

ただ、この言葉だけ生みの親がいないという、、
授賞式には誰が出席するのか?
それだけが気がかりでございます。

 

まあ普通に考えれば
2つの意味で「チケ難」の状況を作り出した
劇団が受賞するべきでしょうね。
人気の演目をいくつも世に送り出した劇団。
公演数をもっと増やせばよかったのに増やさなかった劇団。
公演数に関しては言い訳の余地も残されていますし
人気の演目をいくつも世に送り出した劇団として
胸を張って授賞式に出席してもらいたいと思います。
(授賞式ってあるのかな。)

スポンサードリンク

第2位 「神頼み」

「神頼み」。
よく耳にしておりましたが一度も使ったことのない言葉。
大運動会で月組がフィーチャーしていた言葉です。

 

大運動会での月組への関心といえば
海乃さんのリレーと椅子取りゲームの不正くらいで
「神頼み」に注目しておけばよかったと
今では後悔しております。

 

そういえば、先週「PUCK」観に行きました。
チャンスを逃して感想書けていませんが、
月組のことも大好きになりました。
龍さんのパック、愛希さんのハーミア
二人とも可愛すぎてたまりませんでした。
ショーもすごく良くて、、、
と書き出したら大変面倒なことになるので、いつか元気なときにでも。
とりあえず観劇しましたよ、ということを一応ここに報告しておきます。

 

第1位 「天海さんもそんなことある?」

流行語大賞は宝塚ファン全員が納得いくものだと思います。
皆様こうなることを予想されていましたよね。
なので、ここで書くことはありません。
それくらい「天海さんもそんなことある?」旋風が巻き起こっていたわけですが
果たして当の本人である天海祐希さんはこのことを知っているのか。

 

もしも天海さんと絵麻緒ゆうさん、匠ひびきさん、
姿月あさとさんによる同期のLINEグループで
「天海さんもそんなことある?」
というやり取りが行われていたとしたら。
そんなLINEのグループがあるのかもわかりませんし、
そもそも天海さんがLINEをやっているのかもわかりませんが
こんなことが行われていたとしたら、、、
と妄想するだけで、今日もお腹いっぱいになりました。
ごちそうさまです。

 

 

 

今回選ばれていなかったもので
「ミステリアスだろ」
「ちぎみゆ」
「パンケーキを…」
などなど、僕の中では心に響いた名言がたくさんありますが、
皆様の中でも「これが脳裏にこびりついて剥がれない。助けて、、」
という非常に思い入れのある言葉があれば是非教えて下さい。


スポンサードリンク


6件のコメント

  • まだ11月なのに、「良いお年をお迎え下さい」と挨拶した花組トップさん。
    「エリザベート・パワーで夏バテを吹き飛ばします!」
    これも、花組トップの初日挨拶。
    タカスペで 千秋楽、東宝の龍さんから、宝塚大劇場の温度を訊かれ、思い切り悩んだ結果、「100度の少し手前です!」
    …もちろん、明日海りお様です。
    名言キングです、明日海さんは。

    • 土方

      シエスタ様

      いつもコメントありがとうございます!

      明日海さんは名言工場ですね。
      狩野英孝のメロディー工場のように
      天から舞い降りてくるのでしょう。

      まあ明日海さんの場合は何言ってもかわいいんですけどね。
      何言っても名言になるのです。
      「100度の少し手前です!」
      これ僕が言ったら無視されます。笑

  • あき

    天海さんもそんなことある?
    やっぱりそれでしたか(^o^)
    でも、スカステ見てる人にしか使えませんね。
    スカステ見たOGさんときま、天海さんに本当に言ってたら面白いですね(^o^)
    天海さんとえまおさんは、受験スクールから一緒で、今でも仲良しさんみたいなので、えまおさんあたりが言いそうですね。
    個人的に一番使ったのは、チケ難ですね。
    本当に今年はチケ難でした。
    来年は、少しは緩和されると良いのですが。

    • 土方

      あき様

      コメントありがとうございます!

      やっぱり天海さんもそんなことあるでしたね。笑
      ツイッターやブログでも皆様使われていたので
      宝塚ファンの多くはその名言を聞いたことがあるような気がしますが、、

      えまおさんなら可能性ありそうですか。
      これについてはいつかご本人同士で対談されたときにでも聞いてもらいたいですね。
      「まさか自分に語りかける日記を書いていた人と対談するなんて!」
      って天海さんが驚かれたりして。笑
      逆ですね。
      「まさか日記で語りかけていた人と対談するなんて!」
      の方がしっくりきますね。

      「チケ難」この言葉だけは一生聞きたくない言葉です。
      本当に今年はお願いします!!

  • ポッポ

    某サイトの「宝塚流行語大賞」は私も覗かせていただきましたが、今年を振り返って私が一番使った言葉は、
    ①「チケ難」
    ②「宝塚歌劇100周年」
    でした。

    まず①「チケ難」
    昨年から公式に100周年の演目が発表されるたびに「はぁ、チケ難になるな(ノ_-;)」と覚悟はしていてたものの、本当にチケット入手が大変な1年でした。

    何度となく「誠に残念ですがチケットをご用意することができませんでした。」と、この言葉を見たことか。。。
    ある意味、コレが流行語大賞かもしれません(笑)
    そして毎月のカードの利用明細を確認するのが恐ろしい1年はありませんでした。

    ②「宝塚歌劇100周年」
    おそらくタカラヅカファンは本当にたくさん使われた言葉、そしてたくさん聞いた言葉ではないでしょうか。
    私もメールで「宝塚歌劇100周年だし」ってことで、たくさん使わせていただきました(^-^;

    来年も既に「チケ難」になりそうな作品も発表されておりますし、私には「破産宣告」も出ておりますので、今年だけではなく、来年も引き続き私の流行語大賞は「チケ難」になりそうです。

    • 土方

      ポッポ様

      コメントありがとうございます。

      ②「宝塚歌劇100周年」
      これは何度も口にしましたよね。
      スカイステージ見ていてもジェンヌさんたちが
      いろんなバージョンで「宝塚歌劇100周年」
      みたいなことを言っていたのがすでに懐かしいです。
      >私もメールで「宝塚歌劇100周年だし」ってことで、たくさん使わせていただきました(^-^;
      僕も「宝塚歌劇100周年だし」ってことで、ブログ始めてみました。笑

      >来年も引き続き私の流行語大賞は「チケ難」になりそうです。
      これは嬉しいような悲しいような。
      柚希さんの退団公演なんて僕ごときにはどうしようもないほど
      チケットが手に入らないんだろうなと理解しております。
      今年の流行語にすでにノミネートされていることでしょう。

コメントを残す