早乙女わかば海乃美月のオランプ役替わりトーーク。

今日のタカラヅカニュースは盛りだくさんで、
「Stage Side Watch」(月組公演  役替わりトーク)
「花組スカイ・ナビゲーターズ 交代式」
などが放送されていたかと思います。

 

時間がなかったので
まだ役替わりトークして見れていませんが
これだけでも今日1日を過ごすには
充分すぎるほどの元気をもらうことができました。

 

えっ?
タイトルが「アメトーーク」みたい?

 

さすがですね。

 

アメトーークで「宝塚大好き芸人」を早くやってほしいな
という熱い気持ちを込めて書いておきましたよ。

スポンサードリンク

オランプ役替わりトーーク。

今回は(次回があるのか知りませんが)
オランプ役を演じる早乙女わかばさんと
海乃美月さんによる美人対談が放送されました。

 

このタカラヅカニュースを見て、
「土方のやつ、絶対に今日のブログで書くだろうな」
と思ってくれた方、ありがとうございます。

 

やっぱり最近の一推しは海乃さんなんですよね。

 

あの伝説の○×Q以降、
気になって気になって。

 

海乃さんなら花組に来てくれても
喜んでしまう最低な自分がいるくらいですから。
(もちろん花組にも綺麗な娘役が夢眩にいますが)

 

役替わりにびっくり

今回の発表を見たときに
二人ともびっくりしたみたいです。

 

大きな役ということでの驚きもありますが、
そもそも娘役での役替わり自体が
大変珍しいものなんだそうです。

 

たしかに言われてみれば、
僕の知る限り娘役の役替わりというのは
今回が初めてのことのような気もします。
(ものすごい短い宝塚歴においてですが)

 

そんな珍しい娘役の役替わりが
この公演だけで2役(ソレーヌも)ありますから、
びっくりされた上級生ファンの方も
大勢いらっしゃったのではないでしょうか。

 

役替わりというと
2つの役のセリフを覚えないといけないので
大変なんだろうなと漠然に思っていたのですが、
稽古を受けるが大変みたいですね。

 

オランプ役の稽古受けて、
すぐにもう一つの違う役の稽古を受けて、
という交互に稽古をすることが
一日の間に何度かあったみたいです。

 

そんな環境では役になりきるのも
大変なこと間違いなしですよね。

 

みんなよくやってるなと
さすが僕の海乃さんだなと
ただただ感心しちゃいました。

スポンサードリンク

早乙女さんのキス経験

早乙女さんはこれまでにヒロインを
新人公演で3回
バウホールで3回
青年館で1回
やっているという選ばれし娘役。

 

そんなこともあってか、
いろんな男とキスシーン経験しているけど何か?
みたいに話していました。笑
(もっとナチュラルなニュアンスでしたけど
意味的には大体こんな感じのことを言っていました。)

 

海乃さんは学年的にもまだそこまで
そっちの経験が豊富ではないようで、
龍さんのもとで日々経験を積んでいるっぽいです。
さすが僕の海乃さんだなと。

 

この話を聞いて思ったことは、
次回のバウホール「A-EN」で
学年一の美少女を早乙女さんに
残念女子を海乃さんに演じてもらいたかったな
ということです。

 

その夢が叶わなくて本当に残念です。

 

衣装、微妙に違うってよ。

衣装の違いに関して早乙女さんが
「お客様も気になっている」
みたいなことを言っていましたが、
僕はまったく気になっていませんでした。

 

むしろ衣装なんて一緒なのが当たり前だと思っていました。
(もしかしてルドルフの芹香さんと柚香さんの衣装も
違っていたということなのでしょうか。)

 

きっと上級生ファンにもなると
そういった細かいところにも目がいくというか、
すべてにおいて僕なんかと
見ている視点が違うんだろうなと。
レベルが違うんだなと。
(生活水準も次元が違うんだろうなと。)

 

「”お客様”の中に、お前ごときが入っているわけがないから」
と早乙女さんに言われたかのような
切ない気持ちになりました。
(※完全に被害妄想です)
(でも、早乙女さんがこれくらいドSだったら素敵ですね!)

 

衣装の生地の素材は一緒だけど
微妙な作りの違いによって
色の見え方が違ったりするみたいです。

 

そもそも僕は一回観劇派なので
違いに気がつくこともないですけど、
こういうところを楽しみにされている
お客様もきっとたくさんいるんだろうなと、
上級生のファンの方は雲の上の存在なんだな、
こんなクソブログ書いている場合じゃないな、
ということを改めて思い知らされました。


スポンサードリンク


4件のコメント

  • ふくちゃん

    こんにちは
    土方さんの海乃美月愛が(宙組の愛月さんみたいな字面になりました)上昇しましたね!
    しかも、花組に来ても許すとまで!笑 しかし、とむ様愛ですね(^^)夢眩の使い方、勉強になります!

  • なしもえ

    いつも面白いブログを楽しく拝見しています!

    土方さんの文章、言い回しが秀逸な上に、共感する所ばかりで大好きです♡

    私も、高校生なので一回観劇派です。美月先生やわかば先生のお衣装の違いはこの目では見れませんが、それぞれの魅力をしっかり心に焼き付けます!

    いつもいつも更新待ってます‼︎

  • そういえば、私も以前は一回観劇派でした。
    いつから、こんな…花組と宙組は10回単位で行っちゃうぜ?…な人間になったのでしょうか…。
    自分で、自分が怖いです。
    このままだと、財形を崩し.定期を解約し、老後資金に手をつけかねません。

    初めて観た宝塚、一回きりなのに、主要ナンバーをそらで歌い、台詞やアドリブを憶えていたり…と、己の記憶力に驚きます。
    若さゆえでしょうか?
    今は何回観ても、すぐ忘れちゃうんですよね。
    トシでしょうか…(汗)

    真面目な話、観劇回数は絞っていくつもりです。
    ちょっと走り過ぎたので。
    少々生き急いでますが、急ぎすぎにも程がある、と反省しました。

  • あおば

    こんにちは。ご無沙汰しております。
    以前「ひとかけらの勇気」の時にコメントしたあおばです(^^)

    カリスタの大劇場公演に行った時、ちょうど宝塚歌劇の殿堂ではエリザベートのお衣装や小道具が展示してあったのですが、ルドルフのお衣装は「芹香斗亜・柚香光着用」って書いてあったので、わたしはその時「あ、一緒の衣装着てたんだ!」と思いました。
    なので、役替わりでも同じ衣装を着るかは公演によって違うんだな~と、今回のオランプ役替わりのお話を聞いて思っていたところです。

    わたしはまだファンになってから役替わり公演を生で観劇したことがなく、映像だけなのですが、良い悪いではなく違いを発見したり見え方の違いを楽しむのは面白いですよね!
    わたしも何回も観劇することはできないので、もし花組で役替わりが回ってきたら……
    どうしましょう(汗)なんだかこわいですね(^_^;)

コメントを残す