暁千星のバレエが半端ない!さすが元バレ…

北翔さんと咲妃さんの夢の共演、
「THE MERRY WIDOW」ついに観ました。

 

もうこれ永久保存版です。

スポンサードリンク

 暁千星のバレエが半端ない!さすが元バレ…

「THE MERRY WIDOW」は
谷正純先生の脚本、演出による作品でした。

 

ゲスい谷先生は僕の中ではタイムリーだったので
ちょっと嬉しくなりましたよ。
(谷先生のゲスい話の記事はこちら

 

さすが、僕の憧れのゲスい演出家の先生、
笑いあり、涙あり、笑いあり、笑いありの
素晴らしい作品でした。

 

まず、琴音和葉さん。

 

琴音さんは星条さんの妻であり
凪七さんの元恋人という
超おいしい役を演じていたのですが、
2人のスターに負けないくらい
圧巻の美女を演じていました。

 

男子はこの琴音さんのこと
好きな人が多いんじゃないかなと思います。
(見た目なんか特に。)

 

セリフがなくても表情だけで
何をいわんとしているのかが伝わってくる
琴音さんの豊かな表現力と、
エトワール経験者としての歌唱力が
このヴァランシエンヌという役に
ぴったりはまっていました。

 

この作品を観てから琴音さんの「組レポ。」読んでいたら
より楽しめたのにな、と後悔しております。

 

 

そして、大好きな北翔さんと
咲妃さんのために観たはずの夢の作品において、
暁さんの凄さを思い知らされたことが一番の衝撃(収穫)でした。

 

暁さんは、この時まだ研2だったのに
北翔さんの手下みたいなおいしい役を貰っていて
なんていう抜擢のされ方してんだ!!
(朝美さんにももっといい役を!!)
と半分嫉妬に近い形での観劇スタイルになっていましたが、
終盤にみせてくれたバレエによって
僕の見方が180度変わってしまいました。

 

「すげー!!」

 

ただ単に「すげー!!」でした。

 

察しの通り僕はバレエとか興味ないんですけど
暁さんのバレエには本気で感動しました。

 

何回も何回もくるくる回ってるんです。
それも足が一切ブレることなく。

 

どんなにバレエ知らない僕でも
あれの凄さには気づいちゃいました。

 

まさに柚希さんを彷彿とさせるような
そんなくるくるでした。

 

しかも、千秋楽だったためか、
北翔さんが何回もその場面をやらせるんです。

 

他の出演者たちもやらされるので
みんな大変そうだったんですけど
僕は暁さんのくるくるがまた見れる!!
と一人空気を読まずに喜んでいました。

 

こういうところも
さすが北翔さん。

 

僕の気持ちがよくわかっていらっしゃること。

 

 

で、早速調べたわけですよ。
暁さんのバレエについて。

 

バレエをやっていたこと、
バレリーナを目指していたけど
背が高くなりすぎて悩んでいたこと、
などがWikipediaに書かれていましたが、
バレエの実力についてはわかりませんでした。
(絶対なんかの大会で優勝してましたよ!)
(バレエに優勝とかあるのか知りませんが…)

 

で、もう一つわかったことは
バレー部に所属していたこと。

 

バレエじゃなくてバレーですよ。笑
元バレーボール部。

 

これをみてあることに気づいてしまったんです。

 

 

 

 

バレーやったから背が伸びたんじゃないかなって。

 

もしかしたら、背が伸びたから
バレーボールを始めたのかもしれませんが。

 

まあ結果的に、宝塚に入ってくれたので
背が伸びてくれたことに感謝なんですけどね。

 

ちなみに、暁さんが宝塚受験を決めたのは
花組全国ツアーで真飛さんの
後ろ姿をみたことがきっかけだったみたいです。

スポンサードリンク

最後の挨拶

上では書かなかったんですけど、
この作品では星条さんのアドリブが
何度も何度も大爆笑を生んでいました。

 

アドリブ王である北翔さんを差し置いて
星条さんの笑いのセンスが光っていました。

 

そんな星条さんは月組の長として
舞台後の挨拶をしていたんですけど、
最後の最後まで面白い方でした。

 

パックの時には、
龍さんとのやりとりが面白かったと
記事に書いたと思うんですけど、
星条さんは誰と組んでも、むしろ一人でも、
笑いの神が舞い降りてくる
ということがわかりました。

 

そして挨拶を聞いていて思ったこと。
まず、北翔さんのことが好きすぎです。

 

北翔海莉というジェンヌが素晴らしい人格の持ち主だからこそ
長である星条さんにここまで言わせたのかなと思うくらい、
それくらいべた褒め(ベタ惚れ)してました。

 

北翔さんは、掃除の係りの人にも、チケットのお姉様にも
車を整理しているお兄様にも、一人一人に
「いつもありがとうございます。本日も一日よろしくお願いします。」
と挨拶をしていたそうです。

 

これは下級生にも同じだったみたいです。

 

そして、この話をしながら星条さんは泣いてました。

 

なんて可愛い方なんでしょう。

 

さらに北翔さんのことを、
メリーウィドー号の北翔船長
と呼んでいました。
(可愛いすぎるよ。)

 

「メリウィドー号のではなく北翔号の船の船員になれるように、
また同じ舞台に立てるように祈りつつ、、、」
みたいなことまで言っていました。

 

この人、どんだけ好きなんでしょうか。

 

ただただ北翔さんのことをべた褒めしていただけなのに
僕の中では星条さんの評価が急速に上がっていくのを感じました。

 

これから、星条さんにも注目していきます!

 

 

 

そして北翔船長の挨拶。

 

「THE MERRY WIDOW」は宝塚が誕生する前から
上演されていた作品なんだそうです。
(1905年12月初演)

 

宝塚が「どんぶらこ」を上演する前から
ウィーンではこのような作品があったのです。

 

その作品を、こうやって今(2年前)
宝塚で上演するということは
なんか感慨深いですね。

 

 

と、ちょっとした豆知識をぶっこんだ後に、
北翔さんは真面目な話にシフトしていきます。

 

感動的なお話があったので
書き起こしてみました。

 

「私は本当にいい加減な人間でよく失敗もしますし、小道具も壊しますし、セリフも間違えますし、本当に頼りない真ん中の人間だったなと思いますけれども、でもこのメンバーがいてくれたから無事にこうやって公演をすることができたんだなと心から感謝いたしております。」

 

主演とかしてしまうお方なのに
謙虚で居続けるこの姿勢。

 

鳥肌ものです。

 

「ONE PIECE」でもアーロン編で
ルフィーが似たようなこと言っていましたけど、
こういった考え方こそトップに必要な
普遍的な考えなのかもしれませんね。

 

みんな、ついていきたいと思いますよね。

 

「五億フランもらうよりも、宝くじが当たるよりも、このメンバーに会えたことが、、、」

 

みたいなことも言っていましたからね。

 

完全に悟り開いちゃってます。

 

(僕も以前、「1億円貰うor早霧さんに一時でも好かれる」
という意味不明な質問を自分にぶつけたことがあります。
北翔さんも似たような事しているんだなと嬉しくなりました!!
その意味不明な記事はこちら

 

北翔さんのありがたいお言葉を聞いて、
後ろに映っている咲妃さん泣いていました。

 

可愛すぎてハゲそうでした。

 

ありがたいお言葉聞いてるのに
咲妃さんのことばかり見ている自分に
怒りがこみ上げてきてハゲそうでした。

 

 

そんなこんなで、最後の最後まで素晴らしい作品だった
「THE MERRY WIDOW」。

 

もしもまだ観たことがないという人は
絶対に観てください!!
この千秋楽バージョンを!

 

観ないと後悔しますよ。

 

 

P.S.
北翔さんが挨拶をしている途中から
星条さんの体の向きが横になっていました。

 

みんなが45度くらい傾けて北翔さんを見ている中、
星条さんだけ90度傾いていました。

 

なんなら、列から前の方にはみ出て
120度くらいの角度になって
北翔さんを見つめていました。

 

この人、どんだけ好きなんですか!!笑

 

 

 

あと、遅くなりましたがコメントの返事しましたので!
コメントくださった方はみてみてください!


スポンサードリンク


6件のコメント

  • 愛香莉

    暁さん凄いですよね~(*^^*)
    土方さんが言うクルクル回るやつは多分「フェッテ」か「ピルエット」という動きだと思います。
    バレエは大会というよりもコンクールというのがあります。暁さんはバレリーナを目指してたということなのでコンクールでも良い成績を残してると思います。私もバレエを習っていますが暁さんのフェッテはとても素晴らしいと思います。軸もまったくぶれないし動きにキレもありますし正確なので落ち着いて観てられます。花組の矢吹さんもクルクル回れるそうですよ~(*^^*)
    ニュージェネレーションⅢで優波さんが言ってました(多分)。

    • 土方

      愛香莉様

      コメントありがとうございます!

      くるくるは「フェッテ」か「ピルエット」という名前でしたか。
      失礼いたしました。汗
      バレエも大会ではなくコンクールでしたか。。
      失礼いたしました。汗
      愛香莉様はバレエを習われているんですね!!
      素敵な趣味をお持ちでうらやましい限りです。

      矢吹さん情報もありがとうございます!!
      よく勉強されていますね!
      最近、愛と革命の詩の新人公演を観ましたが
      矢吹さんがAngel Black(黒い天使)を演じているのを見て
      やっぱ踊りの人なんだなと感心していたところでした。
      くるくるもできちゃいそうなくらダンサーでしたよ!!

  • yayoi

    こんばんは。

    私もメリーウィドウが大好きです。
    動画サイトで見つけて・・・あまりの面白さに
    みっちゃんにハマリっぱなしで・・・
    星条海斗さんのあいさつは本当に面白くて
    本当にみっちゃんが好きなんだな!
    他の方も・・・うんうんってうなづいて。
    メリーウィドウを自分の好きな時に見たいがために
    スカイステージを取りました。
    何度見ても、面白いし私も暁千星さんのダンスと
    みっちゃんにむちゃぶりせれて困っているというか
    みっちゃんの頭に黄色のお花が咲く場面で暁さんが
    素に戻って・・・いやぁ・・・っていうところなんか
    かわいらしいなと思います。
    将来が楽しみなジェンヌさんです。

    これからもみっちゃんの舞台は本当に楽しみですね。

    • 土方

      yayoi様

      コメントありがとうございます!

      メリーウィドウは動画サイトにあったんですね。
      あれは次郎吉とはまた違った面白さがある作品でした。
      僕の場合は「オーシャンズ11」で軽く揺さぶられて
      「エリザベート」でノックアウトされた派ですが
      それ以来ハマりっぱなしです。。
      メリーウィドウのためにスカイステージ申し込むあたり
      yayoi様の本気度が伺えます。笑

      あのむちゃぶりは千秋楽だけだったのでしょうか?
      暁さん必死になってがんばっていましたね。
      研2で本物とコンビを組むことができて
      貴重な経験されているなと思いました。

      星組のチケット取れるようにお互いがんばりましょう!

  • あき

    メリーウイドウ大好きな作品です。
    今年の風の次郎吉と同じくチケット難で自力で取れなかったので、約半年後、待ちに待ったスカステでの放送で、ブルーレイディスクに保存して何度も何度も観ました♪
    いつか再演してほしい!
    もちろんみっちゃんで。
    博多座でやったら、里帰りがてら絶対行くのに!!

    終演後の挨拶も感動でしたね。
    劇場の全てのスタッフに気配りをするジェンヌさんなんて他にいるのかしら?
    マギーさんとみっちゃんは2学年違いなので、下級生の頃から一緒に切磋琢磨してきたので、大好きでしょうがないのでしょうね。
    いつかまた北翔号に乗れたら良いのですが。

    • 土方

      あき様

      コメントありがとうございます!

      メリーウィドウ最高でした。
      やっぱりチケ難だったのですか。
      北翔さんの公演ってどの作品でも大人期なんですね。
      大海賊が心配になってきました。。

      ブルーレイで永久保存版ですか!!
      僕も同じこと考えていました。
      エリザベートなどと一緒でエンドレス再生しても
      一生飽きずに見ることができる作品だと思います。

      最後の挨拶もまた素敵でしたね。
      北翔さんの人間性に皆様惹かれていったということが
      すごくよく伝わってきて、特に星条さんは
      昔からの付き合いということで思い入れがあったのでしょうね。
      またいつの日か北翔号に乗れる日がくるといいですね!!

コメントを残す