東宝エリザベート感想。帝国劇場に行ってきました〜

先日、東宝版エリザベートを観劇してきました。

 

その感想を少し書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

まずは宝塚との違いとして一番感じたのが迫力でしょうか。

 

男がいると迫力が全然違います。

 

宝塚は男よりも美しい華やかな男役が魅力でありますが、
迫力に関して言えばやはり本物の男はすごいなと。

 

これはオーシャンズ11を観に行った時にも感じました。

 

ベネディクトを演じた橋本さとしさんに
どれだけ感動したことか。

 

望海さんのもすごかったけど、
本物の男の迫力はすごかったですね。

 

 

そして、エリザベートの話に戻りますが、
セットが宝塚版よりも豪華になっていました。

 

まがまがしさが舞台セットに現れていました。

 

これを宝塚で使えばよかったのに
って思ってしまいました。

 

東宝のオーシャンズ11ではおそらく
宝塚のスロットマシーン使ってたと思うので、
今度はこのエリザベートの舞台セットを
宝塚版エリザベートのときに貸してほしいなと。

 

 

で、豪華なのは舞台セットだけではありません。

 

演出も豪華になっていました。

 

なんて言ったって、
トート閣下が舞台上空から降臨されてきましたからね。

 

もう完全に死神でした。

 

そこでいきなり心掴まれてしまいまして
あまりの妖艶な美しさ故に1幕終了するまで
瞬きする暇さえ与えられませんでした。

 

 

内容はと言いますと、
基本的に宝塚版と似たストーリーだったのですが、
知っている曲でも歌詞が少し違っていたりして
ちょいちょいエリザベートファンの心をくすぐってくるんですね。

 

さすが小池先生だなって思ってしまうほど
ちょいちょいくすぐってくるんです。

 

外部で観たエリザベートは今回が初めてだったので
上級者エリザベートファンの方から言わせてみれば、
「あれが普通なんだけど、あんたバカなの?」
と思うかもしれませんが、
とにかくバカな僕は感動しっぱなしでした。

 

2幕には初めて聴いた曲もあったりして、
リーバイさんが作曲したのかどうかわかりませんが、
とりあえずリーバイさんに感謝してみたり、
あとは、既存の曲をちょっと違った使い方をしていたりで
とにかく新鮮なエリザベートでした。

 

黒天使に関しては、序盤からお腹出してるなー、
なんかアピールしてくるなー、
主張してくるなー、と思っていたら、
案の定、後半から脱ぎだしまして…

 

女性の方、必見となっています。

 

大好きな夜のボートの場面では、
お二人の後ろにコートダジュールの海が
映像で映されていたのですが、
なんとその海が揺れていたりと、
やはりセットは宝塚版よりも豪華だなと思いました。

 

そして芝居後に出演者が登場するところで、
フランツ→ルキーニ→トート→エリザベート
の順番で出てきたことが宝塚版しか
観たことのなかった僕にとっては驚きでしたね。

 

やっぱり主役はエリザベートだったんだ、
と当たり前のことなのになぜか違和感を感じてしまいました。

スポンサードリンク

で、誰バージョンで観たんだよ、
土方のくせにもったいぶってんじゃねーぞコラァァァ!!

 

と、皆様お待ちかねだと思いますので、
そろそろ発表させていただきます。

 

エリザベート→花總まりさん

宝塚時代には2回、エリザベートを演じてまして、
もちろん映像ではその美しさを拝んだことがあったのですが、
生の舞台で花總さんのエリザベートを観られる日がくるなんて。

 

芝居も歌も言うまでもなく完璧で
これが伝説のタカラジェンヌか!!
と、女神様を拝むかのような感覚を味わいました。

 

年齢も一切感じさせないというか、
むしろ子供時代のエリザベートが可愛すぎて鳥肌でした。

 

あと「私だけに」最高でした。
(滑って落ちないか心配でしたけど…)

 

花總さんのエリザベートを拝むことができただけで
チケット代を払う価値あったなと感じております。

 

 

トート→井上芳雄さん

空から降臨された瞬間から
本物かと思うほど妖艶なトート閣下。

 

明日海さんのトートもめちゃくちゃ好きでしたが
井上さんのトートも引けを取らず完璧でした。

 

井上さんはルドルフ役で舞台デビューしたということは有名な話ですよね。

 

もちろんその舞台を観ていないわけなんですが、
トートになって帰ってきたんだなー!
となぜか感慨深かったです。

 

僕は井上さんの歌が大好きなんですけど
あの声でトートの歌をたくさん聞けたことが本当に嬉しかったです。
(ルドルフと唇を合わせた場面だけは
「オエッ」って思ってしまいましたけど…汗)

 

 

ルキーニ→山崎育三郎さん

イケメン山崎さんのルキーニは
結構ラリっていていい感じでした。

 

首絞められた後に発っする言葉が
何言っているのかよくわからなかったのですが、
宝塚では絶対にできないようなイカれ具合が
すごく新鮮で印象的でした。

 

また、トートとエリザベートが結ばれ
二人で歌って終了する一番最後の場面では、
ルキーニが首を吊るという演出があったのですが
あまりにも迫力ある不気味な動きに
エリザベートたちを見たかったのに
ルキーニに釘付けになってしまいました。

 

 

フランツ→田代万里生さん

僕は北翔さんのフランツが大好きなので
フランツに対してだけは観劇前から
意味不明なほどの思い入れがあったのですが、
田代さんのフランツも相当素晴らしかったです。

 

北翔さんのおじいさんフランツは神だと思っているのですが、
青年フランツは少し童顔な田代さんの方が役に合っているなと思いました。

 

田代さんは関係ないのですが、浮気の場面が特に印象的で
宝塚版と違う理由によって浮気が発覚するところは
ちょっと衝撃的というか宝塚ではできなかったんだろうなと…

 

 

 

あと、役替わりではないのですが、
このエリザベートには元タカラジェンヌの方が何人か出演していまして、
その中でもヴィンデッシュを演じていた真瀬はるか(花組)さんの演技力が半端なく
子供が観たらビビるんじゃないかなってくらい動きが本物すぎて怖かったです。

 

 

 

観劇直後には書きたいことが無限にあったはずなのに、
今こうしてパソコンに向かって書いてみると、
全然たいしたことを書けないという現実に
正直ショックを受けています。

 

あの素晴らしさの1/1000すらも伝えられていないのですが、
まあ、この感想文の1000倍良かったと思っていただければと…

 

美しさ華やかさは宝塚の方が遥かに上をいきますが、
男性が大勢出演していることで宝塚よりも迫力がありますし、
また、本物のエリザベート(花總さん)を拝むことができるので、
東宝版エリザベート、おすすめです。


スポンサードリンク


2件のコメント

  • rin

    お久しぶりです。
    覚えていらっしゃいますでしょうか??
    わからなければ土方さんの一番最初の記事にコメントのやりとりがあるので確認を(笑)

    久しぶりに土方さんのブログ拝見したのでコメントしてみました。

    私もエリザベート、東宝版は3回ほど観劇いたしました。
    宝塚版とは違いますがそれはそれであり!というかまたさらに引き込まれてしまう作品になっていました。。
    個人的に2幕のエリザベートが詩を書こうとしているところにお父さんが現れ、『パパみたいに』を歌うところが好きです(*’ー’*)これは東宝版でないとない場面ですし。
    あとは土方もおっしゃっていましたが、男性をいますので、キスシーン…《あ、してる!!》と少しショックを受けました(笑)
    井上さん、城田さん両方見ましたがどちらも素敵でした!
    エリザベートは残念ながら蘭乃さんのみですが
    退団後の蘭乃さんの活躍をたくさん見ることができました。

    長々と失礼しました。また、お邪魔しに来ますね♩♩

  • チンジャオロース

    土方さん、お久しぶりですp(^_^)q東宝エリザベート、私は昔の一路さんバージョンしか見ていないので、詳細は全く覚えていないのですが(^^;;やはり男声が入ると重厚感が出ますね。

    黒天使が?そしてシシィが滑り落ちる!?私は見ていないので( ? _ ? )となってしまうのですが・・・何だか面白そう(笑)

    今回の帝劇は行きませんでしたが、一路さんでトートもエリザベートも観ている事が、ひそかに自慢です←公表してるやんけドコがひそかにだ

    花ちゃんのエリザベートは雪・宙の両方観ており、それも自慢です(^^)v花ちゃんは、復帰後モンテ・クリスト伯やモーツァルト!などをちょくちょく観ており・・・次回は1789でお会いしよう(≧∇≦)と思ってたら、またチケ難の予感〜((((;゚Д゚)))))))

コメントを残す