真矢ミキ 宝塚の初任給を暴露。改名にも驚き。

真矢ミキさんに関して
気になるニュースが…

スポンサードリンク

真矢ミキに改名していた!

昨日、だらける宣言をしたばかりですが
さっそく記事を書いています。笑
(習慣ってすごいな。)

 

若干の気まずさはありますね。

 

どのくらい気まずいのか分かりやすく例えるなら、
バイトの送別会をやってもらった次の日に
バイト先で働くくらいの気まずさです。

 

気まずいので、バカなふりして気にせず書いていこうと思います。
(バカなふりが呼吸と同じくらい
自然にできてしまうのはどうしてだろう。)

 

あまりにも衝撃的な事件を耳にしたので
今日はそれについて少し。

 

その事件に関わってくる真矢ミキさん。

 

真矢ミキさん?

 

「みき」から「ミキ」に改名されていました。
(※エイプリールフールですけど、嘘ではありません。)

 

今日まで、全く知りませんでしたよ。

 

さっそく調べてみたんですけど、
どうやら、事務所を変えたときに
改名をしていたみたいです。

 

「真矢みき」の名前を使う権利は
前の事務所にあるみたいなので
改名する必要があったそうです。

 

改名(移籍)したのは今年の3月1日。

 

ちょうど一ヶ月前でした。

 

ちなみにその日僕は
永久輝せあ 自慢が可愛すぎるよ。
という、全く関係のない書いていました。

 

もっとアンテナをはっておくべきだったなと
反省しております。

 

反省しつつも、可愛すぎる永久輝さんに
9割がた責任があるんじゃないかなとも思っています。

 

真矢さんの話に戻します。

 

前所属の事務所はブルーミングエージェンシーで
今回移籍することになった事務所は
オスカープロモーション。

 

はい、上戸彩が所属する
大手芸能事務所です。

 

この移籍が功を奏したのか、
真矢さんは朝の顔になりました。

スポンサードリンク

宝塚の初任給を暴露。

今日の昼休み、いつものようにネットサーフィンを楽しんでいました。

 

今日はいい波が多いなって楽しんでいました。

 

そしたら、こんなニュースが僕の目に飛び込んできました。

 

「真矢ミキ 宝塚の初任給◯◯万円だった 「もう時効かと」タブーを公表」

 

一応、すみれコードが発動するので
お金のとこだけ隠しておきました。

 

隠しましたけど、
もうネットを介して全世界に発信されてしまっているので
気になる方は調べてみてください。

 

で、こういう問題発言って、
あちょうさんの仕事だと思っていたじゃないですか。

 

そしたら、まさかの真矢さんでしたからね。

 

真矢さんっていったら、
僕が一番に背中を預けた人ですよ。

 

宝塚を好きになって真っ先に背中を預けたんですよ。

 

だからこそ、このニュースを知った時には
驚きましたし、悲しかったです。

 

真矢さんが司会を務めることになった
先日始まったばかりの
「白熱ライブ ビビット」
というワイドショーでの失言だったみたいです。

 

「もう時効かと」
って、暴露しちゃったみたいです。

 

正直ですね、こっちとしても大体の金額は知っていたわけですよ。

 

何が寂しかったって、
真矢さんがワイドショーで
言ってしまったことに、ですよね。

 

きっと始まったばかりの番組を盛り上げるために
身を削る思いで暴露してくれたんだと思います。

 

テレビの生放送とかワイドショーとかに
まだまだ慣れていなくて緊張していたんだと思います。

 

僕も生放送に出演することになったら(ありえないけど)
絶対に何か暴露したくなる衝動にかられると思います。

 

と、かつて背中を預けた相手をフォーローしつつ
真矢さんが偉い人から怒られていないことも願いつつ
最後に一言添えて記事を終わりにします。

 

「あきらめないで」

 

最後にもう一言。

昨日の記事がえらいことになっていまして。

 

これまで書いてきたどの記事よりも
ブログランキングのクリック数が多かったという
嬉しいような、悲しいようなことが起こりました。

 

昨日だけで、123人もの方が
クリックしてくれていました。
ありがとうございます。
(その中の一人は僕なんですけどね。)

 

ただ、宝塚のこと一切書いていない記事だったのに、
これまで書いたどの記事よりも人気だったことに対しては
ちょっとした切なさを覚えました。
(でも嬉しいの方が強いです。
こんなにも多くの方が応援してくれているんだ、って。)

 

 

そして、応援のコメントくださった、
ほの花様、ちぃ様、みーにゃん様、
ゆき様、海結様、さやか様、
ぽっぽ様、あき様、
ありがとうございました。

 

皆様の優しさには本当に感謝しております。


スポンサードリンク


コメントを残す