花組公演「雪華抄」「金色の砂漠」

花組公演発表されましたね。

 

松本悠里さん出演ということが
僕の中では一番の楽しみであります。

スポンサードリンク

あと、宙組公演「エリザベート」
の先行画像も見ました。

 

朝夏さんトートはチャラさみなぎって
本当にかっこいいこと。

 

あの長い手足を使った
最後のダンスを見てみたいものです。

 

エリザベートはチケ難確定ですから
かなりの出費を覚悟しないと…

 

で、花組公演について。

 

「雪華抄」「金色の砂漠」。

 

最初に日本物レビューをやって
後半に芝居というスタイルなんですね。

 

銀魂のアニメも番組開始早々にエンディングが流れ
終盤にオープニングが流れることがありましたが、
それとまったく同じスタイルを宝塚がとった
ということとして僕の中で受け取っておきます。
(斬新すぎる銀魂のアニメは
番組の終わりにオープニングとエンディングを
連続して流すという荒技も持っております)

 

このスタイルは宝塚でも
まあまあよくあることなんでしょうか。

 

それとも松本悠里さんが出演するから
レビューが先になったのでしょうか。

 

ちょっと僕にはよくわかりませんが、
宝塚というものは
芝居を見てしっとりした気持ちになったとしても
後半のショーを見て
「明日もがんばろう!」
という気持ちにさせてくれるものだと思っていたので、
この公演を観劇した後に
どんな心情になっているのか
今から楽しみであります。

 

ただ、「トラジェディ・アラベスク」と謳っているだけに
悲しい気持ちになるような気がするのですが…

スポンサードリンク

トラジェディ・アラベスク
『金色(こんじき)の砂漠』
作・演出/上田 久美子

 

上田久美子先生、
今度は花組にきてくれました。

 

あらすじを読んだだけでも
ヒット間違いないだろうという展開。

 

頼むからチケ難にならないでくれ
と願いつつも、花組が売れるのは
嬉しいと思いつつ…

 

複雑なところです。

 

てか「トラジェディ・アラベスク」
ってなんだろって思いまして。

 

トラジェディは、
「このTragedy Night〜♬」
のトラジェディなのでわかるのですが、
「アラベスク」ってなんだろって思いまして。

 

調べてみたところ
「アラビア風」ってことらしいです。

 

違ったらすみません。
(隣の席の女子に
「お前『アラベスク』って知ってる?」
「え、知らない、なにそれ?」
「知らないの?『アラビア風』ってことだしっ」
とか、言ってみようと思われている方。
まず一度自分で確認されてから
隣の席の子に自慢してみてください。)

 

とりあえず、悲劇ってことですね。

 

悲劇ってことは
後半にショーがないと、観劇後に
「明日もがんばろう!」
っていう気持ちになれないんじゃないかなと…

 

一本物のようにフェナーレ的なものがあるなら
「明日もがんばろう!」
になれると思うんですけど。

 

もしかしたら、我々に
「明日もがんばろう!」
っていうことをあえて思わせずに、
「上田先生の作品また観たい!」
っていう上田久美子作品中毒患者にさせ、
「また観にいらしてください!」
っていう劇団の戦略なのかもしれないなと。

 

本当、劇団って商売上手ですね。

 

それにしても明日海さんの奴隷姿、
今から楽しみすぎる。グハッ゚・゚*・(´ཀ‘()。o)

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す