花組千秋楽

お披露目やら、退団やら、組替えやらで
イベント満載の花組エリザベートも
ついに終了してしまったんですね。

 

今日、千秋楽の映像が放送されました。
サヨナラショーだったり、
最後の挨拶だったりと見どころ満点で
幸せな30分は、あっという間に終わってしまいました。

スポンサードリンク

さすがトップスター明日海りお

芝居については昔の記事で
いろいろ書かせてもらいましたが、
本当によかったですね。
いろいろ思い出しました。
そういえば、僕まだBlu-ray買ってないんです。
まあ今買ってしまったら何も手につかなくなるので
このままもうしばらく我慢してみようと思います。
なんかダイエットと同じですね。
食べちゃうからお菓子買わないみたいな。

 

サヨナラショー。すごくよかったです。
蘭乃さんと明日海さんの「愛あればこそ」。
ちょっと目頭が熱くなりました。
ただ、もっと観たかったです。
省略されすぎていて、辛かったです。
来年放送されるまで待てるか、
不安すぎて夜ちゃんと眠れるか心配です。

 

最後の挨拶。
これは結構がっつりと放送してくれましたね。
組替えする真彩さんは花組に1年半しか在籍されていなかったらしいです。
僕とほぼ在籍期間が一緒だったので、これには正直驚きました。
かなり扱いよかったですし、もう少し長く花組で活躍されていたのかと。
やっぱり娘役は若い時から使われるんですね。
そんな花の歌姫は星組へと異動となります。
星組にも妃海風さんという歌姫がいるんですけどね。
わざわざそんな激戦区に送り込まれるということは
かなり期待されているということでしょうか。
星組の娘役さんたちには申し訳ありませんが
いつの日か真彩さんがトップになれるように陰ながら祈っております。

 

望海さんは花組の組子やファンから
すごく愛されているんだなと感じました。
僕も花組の下級生として一言。
ありがとうございました。
そして雪組の先輩として一言。
雪組すごい良い組ですので安心してください。

 

退団者。
春花きららさん、花奈澪さん、美蘭レンナさん。
三人ともとても綺麗な娘役さんでした。
退団するということもあって、
ここ最近スカイステージで三人のことを見る機会が増え、
今更ながらいろいろと知ることができました。
個人的には花奈さんが面白くて
もう少し早く出会っていればと後悔しています。

 

大河凜さん。
大河さんは娘役ならもっと上まで行けたのでは、
と、可愛らしい容姿から考えていましたが、
もともと娘役から男役になったということを
最近になってから知りました。
男役になってから歌の成績も上がったらしいですし
男役が正解だったんでしょうね。(失礼いたしました。)
ただ、最後マダムヴォルフでしたけど。。

 

桜一花さん。
この人が花組からいなくなるなんて
今でも信じられません。
次の公演にも出演するんじゃないかと思ってしまいます。
蘭寿様のときも似たような感覚でしたが、
一花さんに関しても受け入れるまでに時間がかかりそうです。
でも、最後の挨拶では、
宝塚でできることを全てやりきった一花さんならではの
本当に幸せな卒業を迎える人にしかできないような
そんな表情を見ることができて、
こんなに素晴らしい卒業もあるんだなと思いました。

 

蘭乃はなさん。
蘭乃さんは宝塚人生の半分をトップとして過ごすという
稀に見る成功者でした。
ただ、宝塚はそんなに甘い世界ではありません。
その裏では想像もできないほどの
努力をされてきということは、
馬鹿な僕でも容易に想像できます。
(蘭乃さんがされた努力がどれくらい大変だったのかは想像できないくせに
それを間違いなく乗り越えてきたということは想像できるのです。)
蘭乃さんには、「ありがとうございました」という言葉しか見つかりません。

 

感動したみなさんの挨拶の後に
我らがトップスター明日海りおさんの
とてもありがたい挨拶。
ここでさすが明日海さんなところは、
悲しみにふける全ての人に笑顔をもたらすんですね。
固っ苦しい挨拶をしません。
ゆる〜いんです。
「おわりです」と言うのです。
「みんな〜」と言って仲間を呼ぶんです。
花組ポーズの掛け声を同期に頼むんです。
僕の悲しみは明日海さんによって
どこかに吹っ飛ばされてしまいました。
これが次期トップオブトップなんだなと
再認識させられた瞬間でした。

 

 

今回退団されるみなさんへの感謝の気持ちを忘れずに
僕はこれからも花組に還元していこうと決意しました。
これからそれぞれの道に進まれますが、
宝塚に入れて、しかも何年も劇団生としてやってこれた実績があれば
どんなことも乗り越えていけると思います。
なので、僕は何も心配しておりません。
そんなことよりも僕自身の将来のことを考えると
不安すぎて夜ちゃんと眠れるか心配なのです。

スポンサードリンク

花組千秋楽

これ今日の記事のタイトルにしたのですが
お気づきになられましたか?

 

これ蘭寿様の今日のブログのタイトルを
そのままお借りしてきたのです。
11月18日のブログの記事で
「花組千秋楽」という同じタイトル。
こんな幸せなことはありません。

 

蘭寿様は明日海さんのお披露目が無事に終わったことを喜びつつ、
一花さん、蘭乃さんの退団を惜しみつつ、
蘭寿様のお部屋に飾られているというアマリリスの画像を
望海さんに送ったという心温まるお話をされていました。

 

相変わらず本当に素晴らしい人間です。
そして本当に花組が大好きだったんだなと
感じずにはいられませんでした。

 

 

それと蘭寿様のお部屋綺麗だなと
思わずにはいられませんでした。


スポンサードリンク


4件のコメント

  • あきこ

     いつも楽しく拝読しております。蘭乃はなさんの退団挨拶、最後に「栄光あれ宝塚、永久に!」と言っておられましたね。蘭寿さんが退団時、ご挨拶の最後の最後でおっしゃった言葉と同じで、思わず涙してしまいました。今後の彼女の人生が幸せであることを祈っております。

    • 土方

      あきこ様

      コメントありがとうございます。
      そして、いつも拙い文章群をお読みいただきありがとうございます。

      「栄光あれ宝塚、永久に!」
      この言葉にはそんな裏話があったなんて。
      蘭寿様ファンを公言しておきながら全く気が付きませんでした。
      長嶋茂雄をパッロッタのかとすら思っていました。汗

      蘭乃さんは蘭寿様のことを想っていてくださったのですね。
      素晴らしい情報を教えてくださりありがとうございました。
      僕も蘭乃さんのこれからの幸せを祈っています!

  • 花組千秋楽おめでとうございます。
    感動的な最終日の空気を、パンケーキの妖精さんが破壊…じゃなくて、一変させたんですね。
    なんとも可愛らしいこと。
    「みなさ〜ん」じゃなくて、「みんな〜」になりましたか!ついに!
    エリザベートと運動会で、絆が深まったかな?

    娘役から男役へ転向する方、いらっしゃるんですね。
    その逆はそこそこいますが。
    頑張られたんでしょうね。
    全く余談ですが、最近何人かのオールドファン・マダム達に「音楽学校を目指したけど落ちたのね」と思われてました。
    受験は自由ですが、そこまで身の程知らずでは…。
    募集要項の「容姿端麗な方」が最大のネックです。
    少女時代に宝塚と出会い、ハマろうと、そこで宝塚を目指す方は、すでにその時点でレベルが違う気がします。
    合格された方は、尚のこと。
    「選ばれし者」でいらっしゃる退団者の皆様、これからの人生も幸多かれと願わずにいられません。

    蘭ちゃん、退団挨拶が蘭寿さんと同じとは…泣かせてくれますね。
    今彼・明日海さんが嫉妬してたりして。
    いや、大丈夫ですね。
    みりお君は、蘭寿先輩には敵わないと思ってそうだし。
    蘭ちゃんの蘭寿さんレスペクトも、共感こそすれ…でしょうね。

    • 土方

      シエスタ様

      コメントありがとうございます!
      花組千秋楽おめでとうございます。

      パンケーキの妖精さんは本当に癒しですね。
      そしてさすがシエスタ様。
      「みなさ〜ん」だったような気がします。
      あとで書き直しておきます。
      適当に書いてしまったため、ご迷惑をおかけしました。
      でも、絆を深まっていることでしょう!

      娘から男へのパターンは珍しいですね。
      164cmだった身長が伸びてしまったらしいですよ。

      「音楽学校を目指したけど落ちたのね」
      これは受験する資格がある者にのみ発言される言葉ですよ!
      受験する資格=容姿端麗
      やはりシエスタ様はジャッキーのようなお方でしたか!

      どんな話でも明日海さんにつなげてくるあたり、
      さすがシエスタ様です。
      嫉妬している明日海さんとかちょっとかわいいですね。

コメントを残す