音くり寿が若紫に続いてセシリイに抜擢!

花組公演「Ernest in Love」の主な配役について。

スポンサードリンク

気になっていた配役が発表されましたね。

 

アルジャノンとセシリイが役替りということで
今年の公演とは若干の変更を加えてきました。

 

アルジャノンは芹香さんと鳳月さん。

 

芹香さんは前回もアルジャノンやっていましたので
皆様も予想されていたことかなと思いますが、
その役に鳳月さんを役替りで盛り込んでくるという
「何度でも観にいらしてください」
という劇団の意図が感じとれます。

 

ちょっと緒月さんと朝夏さんのような
曖昧な関係にならないかと若干の心配はあるものの、
芹香さんは既に二番手羽根を背負っていますし
そこは気にするところじゃないのかもしれませんね。
(鳳月さん15回の公演数に対して芹香さんは31回ですし)

 

羽根を背負っているといってもまだ研9の芹香さん。

 

男役10年の節目の年にいる
実力派の鳳月さんからも学ぶことはたくさんあるでしょう。

 

 

明日海さんと鳳月さんのホットライン。

 

月組時代から一緒だった二人がコンビを組むところ、
見たいファンは多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

音くり寿が若紫に続いてセシリイに抜擢!

こっちが今日の本題なんですけど、
セシリイは城妃さんと音くり寿さんの役替りでしたね。

 

音さんは今度の「新源氏物語」の新人公演で
若紫(本役:春妃さん)を演じることで話題となっていましたが、
今回はさらに飛躍しまして本役セシリイを演じることに。

 

「新源氏物語」の新人公演では
紫の上(の幼少期が若紫)を城妃さんが演じるので、
今回のセシリイの役替りは
子供が大人に下克上するみたいな構図になっていまして
個人的には面白いなと思っていたり。

 

公演数は城妃さんの33公演に対して
音さんは13公演と若干少なめですが、
それでも研2で東上公演娘役2番手ができるなんて
劇団からかなり期待されている方なんだろうなと。

 

あの100期生の中で成績が2番という
ポテンシャルの塊のような音さん。

 

すでに100期では星風さんが
新人公演ヒロインを経験していたり、
次回のバウでもヒロインっぽい役に決まっていたりと
一歩先に進んでいたりしますが、
次にくるのは音さんなんだろうなー
と、思わざるをえない今回の発表でした。

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す