「(少々、前のめりで)はい!」

この謎のタイトルだけで何の話かわかった方、
ちぎみゆ検定1級合格おめでとうございます。

スポンサードリンク

銭形警部ポスター撮影

今日も「歌劇」の話になります。
ちょうど100ページ目から始まる「ルパン三世」の座談会。
座談会は字が多すぎてあまり好きなコーナーではないのですが
クスッとした話があったので一つ紹介いたします。

 

今回の「ルパン三世」の舞台が決まり小柳先生は、
最初から銭形警部を夢乃さんにと決めていたという話は
以前にも紹介したことがあるような気がします。
それは夢乃さんというジェンヌの演技の幅広さ、懐のデカさ、
そして、バリバリの二枚目でありながら
神からもう一つ持つことの許された三枚目としての才能
などが小柳先生にそう思わせたのかもしれません。

 

この座談会で小柳先生は
ポスターでの銭形警部の足の上げ方を褒めていました。
たしかに、あのポスターをみて「夢乃さん銭形警部似合うなぁ」
と思ってしまった人は僕を含め多くいたのではないでしょうか。

 

普段、ポスター撮影には苦労するという夢乃さんですが
今回のポスター撮影にかかった時間は、わずか10分とのこと。
やはり銭形警部は夢乃さんにとってもしっくりくる、
神から与えられた役だったのかもしれませんね。

スポンサードリンク

(少々、前のめりで)はい!

これ、答えから言ってしまうと
ちぎみゆ対談での咲妃さんの言動で、
それ以上面白い説明ができないため、もう触れないでおきます。笑
(「少々、前のめりで」という説明が素敵だったので。)

 

その前に、「ちぎみゆ対談何回あるんだよ!」と思うくらい
去年からいろいろと見てきているわけですが、
毎回新鮮な話を提供してくれるちぎみゆに感謝をしながら
今日も少しだけ書かせていただきます。(早花嬢風に)

 

カツオとタラちゃん?

本科生の時から早霧氏のことを
あれこれ考えながら見ていたという話をする咲妃嬢。

早「本当にそこまで考えてた?(笑)」
咲「考えてました!嘘は言わないです…。」
早「あ、はい(笑)。」

まるでカツオとタラちゃんを彷彿とさせる
意地悪な質問をする早霧氏(カツオ)。
咲妃嬢(タラちゃん)の「嘘は言わないです…。」
と言ったときの僅かにムッとした顔を
妄想するだけで萌えてしまう。

 

記憶力

咲妃嬢雪組配属前に言葉を交わしたことがないと
明言する早霧氏に対し、
「話したことがある」という表情で見つめる咲妃嬢。
どうやら舞踏会を観劇した時に楽屋で挨拶をしていたようだ。
目を見て「おはよう!」と挨拶をしてくれたことまで覚えているという。
これには「記憶力いいよね(笑)」と褒めるしかない早霧氏であった。

 

去年の全国ツアーで雪組に組替えしてきた咲妃嬢。
二人はオスカルとロザリーを演じたために
あまり会話をすることのない日々が続いた。
そんな中、一度じっくりと二人で話をする機会があったようだ。

咲「あれは2月の二十…」

なんと咲妃嬢はその日付まで覚えていたのである。
新トップ発表が3月の前半だったことはさて置き、
「”男”としてちゃんと話しておいた方がいいかなと思って(笑)。」
と、きちんと筋を通していた過去を明かす早霧氏が
なんとも微笑ましかった。

 

正直者

伯爵令嬢の公演中、朝起きた時から
「今日もちぎさんに会える!」と幸せになり、
それが寝るまでずっと続いていたという咲妃嬢。

早「寝てる間は違ったのね。」
咲「寝てる間は覚えてないです(笑)。」
早「そういう正直な所がいいね(笑)。」

咲妃嬢なら寝ている間もずっと早霧氏のことを
考えているものだとばかり思い込んでいたが、
意外とそんなことはないらしい。
それでも、「寝ている間もちぎさん会っている!」と
嘘でもいいから言って欲しかったちぎみゆファンの筆者であった。

 

 

 

眠る直前、意識が遠のく瞬間に何を考えているかが大事
という話を聞いたことがあります。
θ波になりやすいこの瞬間に考えていたことが
寝ている間ずっと潜在意識として働くからだそうです。
夢は潜在意識が大きく関与しているらしいので、
寝るまでずっと早霧さんを想う咲妃さんであれば
夢の中でも会えている可能性が高そうですね。

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す