花組中日劇場ベルサイユのばら感想!

花組中日劇場ベルサイユのばらを観劇してきましたので
簡単に感想でも書いていこうと思います。

スポンサードリンク

まず、今回の観劇が僕の人生において
ベルばら初観劇となりました。

 

率直な感想として、
なぜベルばらがこんなにも人気があるのかわかりませんでした。。

 

もちろん宝塚のベルばらには
いろんなバージョンがあるのことは知っていますが、
フェルゼンとマリーアントワネット編って
こんなものなんですかね?という印象でした。

 

実は今回の観劇のために
ベルばらのアニメをみて勉強していたのですが、
その勉強がなかったら全く内容を理解することができなかったと思います。

 

オスカルとアンドレの出番はかなり少なく
2人ともあっさり死んでいきました。

 

アンドレは説明なく目が見えなくなっていたり、
オスカルは何の説明なく衛兵隊になっていて
制服の色が変わっていたり。

 

今宵一夜がなかったり。。

 

まあフェルゼン〜編なので
出番が少なかったのはしょうがないことですが。

 

あと、僕は以前ある記事にベルばらの名言をまとめていたりと
今回の観劇をかなり楽しみにしていたのですが、
ほとんど名言がセリフとして使われていませんでした。笑

 

覚えているのは、
「アンドレ、この戦闘が終わったら結婚式だ」
というセリフだけ。

 

ちょっと残念でした。

 

もちろんよかったところもたくさんありましたが、
あまりにも期待をしすぎていて
予習などの準備に時間をかけていたこともあったので
残念という気持ちが今一番強いです。

スポンサードリンク

鳳真由さんと大河凛さんは
普段より出番が多く花組ファンとしては
うれしかったです!!

 

ただ全体的にみると、
蘭寿様がいた時の花組と比べると
全然もの足りないというか…

 

2つに分かれているという理由だけではないような…

 

なぜ華形さんや望海さんをもっと使わない?

 

なぜ桜咲さんや仙名さんをもっと使わない?

 

新生花組に少し不安を抱いてしまいましたが、
きっとエリザベートでは花組が一つになって
蘭寿様がいたとき以上のものを作り上げてくれると信じています!!!

 

 

P.S.
脚本なのか演出なのかわかりませんが
古くさい印象のベルばら。

 

再演って同じことをするだけなんですか?

 

この時代に合わせたベルばらにすれば
もっともっといい作品になるような…

 

小池先生のベルばらとか観てみたい。。

 

無理でしょうけど。笑

 

こういった意見は何度もベルばらを観てから
発言したいと思います。笑


スポンサードリンク


コメントを残す