望海風斗の雪組への組替え発表!だいもんが花組からいなくなる…

今年一番の悲しい知らせ。

 

望海風斗さんが雪組へ。

スポンサードリンク

確かに明日海さんが花組のトップになってから
望海さん雪組移動説がささやかれていましたよ。

 

でも本当にそんなことしなくてもいいのに!!!

 

花組ファンとして、
蘭寿様ファンとして、
望海風斗さんだけは花組から出してほしくなかった。。

 

雪組は今回の公演でトップの壮さんと
未涼さんの退団ということで
一気に戦力ダウンすることはわかっています。

 

でも、それを望海さんで補わないで。。

 

望海さんは2番手となり、今後トップになるために
明日海さん長期政権が予想される花組ではなく
他の組への移動という狙いもあるのかと思いますが。。

 

早霧さんだって長くトップをされるかもしれませんし
それなら花組にいてくれればいいのに。

 

本当に劇団にはがっかりさせられました。

 

これからの花組を本当に楽しみにしていた一人として
今回の組替えは悲劇以外の何者でもありません。

 

こんな悲しい想いをしたのは久しぶりです。

 

望海さんもそんなことある?

 

今一番そんな悲しい想いをしている人は望海さん以外に誰もいませんよね。

スポンサードリンク

これからの花組はどうなっていくのでしょうか??

 

とりあえず、今回の移籍騒動で花組へ組替えになったのが
鳳月杏さん月組より
城妃美伶さん星組より

 

城妃さんは真彩さんの代わりだとしても
鳳月さんが望海さんの代わりに!?
って失礼ながら思ってしまいます。
(真彩希帆さんは星組へ組替え)

 

 

鳳月さんのことは存じ上げませんが
新公主演もされていないようですし、
花組2番手の望海さんと比べてしまうと…

 

でも鳳月さんは何も悪くないんですよ!!!

 

全く悪くない!!

 

むしろ、ようこそ花組へ!!
ですよ!

 

ただこんな形で花組に組替えになってしまうと
ついつい望海さんと比較してしまうのです…

 

悪いのは劇団なのに。。。。

 

 

 

花組の2番手争いは瀬戸さん、芹香さんということですかね。

 

柚香さんはさすがにまだ早いと思いますので。。

 

星組の真風さんですら
未だに3番手で足踏みをしている状況ですからね。

 

 

 

 

 

雪組ファンの方は喜んでいることでしょうね。

 

あの人がいれば芝居もショーも最強ですから!!

 

雪組さん、望海さんをよろしくお願いします!!!(←何様??笑)

 

これは気持ちを切り替えて
ルパン三世でも観に行くしかないですね。。。

 

その前に、なんとかしてエリザベートと運動会で
花組生としての望海さんを観に行かなくては!!!!

 

 

 

とか言いつつも、
僕は密かに蘭寿様パターンを期待しています。

 

トップになる時は花組で!!

⇒早霧せいなトップお披露目ルパン三世の配役予想!相手役の咲妃みゆは?


スポンサードリンク


8件のコメント

  • さち

    初めまして。
    私はだいもん雪組移動大いに喜んでおります。
    同期でもだいもんより成績が下で言葉は悪いですが、顔しか売りの無い明日海の下に居るより
    演技が上手く、ダンスもキレが良く2期も上なちぎちゃんの下に行った方がだいもんが何倍も成長できると思ってるからです。
    もう、ちぎだい!ちぎだい!と大賑わいですよね。
    雪組はこれで歌もダンスも芝居も揃った最強の組になったと思います。
    杏ちゃんは、月組時代おみりお親衛隊(?)のメンバーの一人だったので、明日海が月から呼び寄せたと言う説が正しいと思います。

    本来ならだいもんは花組のトップになって欲しかったです。
    それは同じ願いですしそう思ってるだいもんファンは多いと思います。
    でもそれも、劇団の明日海のゴリ押しによって夢が潰されました。
    明日海さえ来なければ、希望もあったんですけどね…。
    だいもんはこれから雪組でまた何倍も大きくなって素敵なトップさんになって欲しいなぁと願ってます。
    先ずは何より、美しく実力もあるちぎだいコンビが何より楽しみです♪

  • さち

    連続すみません。
    悲しい思いしてるのはだいもん…みたいに書かれてますが
    劇団から組替えを打診され、決めるのはジェンヌさん自身です。
    ジェンヌさん自身から組替えしたいって意見もあって通る事もあります。
    なので雪組移動を決めたのも、だいもん自身だと思いますよ。
    まぁ、移動か退団しかないよって言われたら嫌でも移動だと思いますがw
    だから、花組から離れるのは寂しいとは思いますが、新たな挑戦とだいもんは思ってると思いますよ。
    それに組み替えは路線生徒さんには割と付き物ですよね。
    組から上げたくて邪魔な生徒を外に出すって例もありますが
    此処近年の、まぁ君やだいもんは確実に栄転なので大丈夫だと思います。

    • 土方

      さち様
      コメントありがとうございます!
      すごく勉強になりました!!!

      明日海さんの下にいるよりは
      上級生の下の方がたしかに成長に繫がりますよね。

      僕は明日海さんの顔が好きな研2のミーハー素人なので
      みりだいが分裂することが悲しいと思っていましたが、
      望海さんにとってはいいことであるということがわかりました。
      そして、組替えは望海さんも前向きにかんがえているであろう新たな挑戦
      ということなので僕にできることは応援することだけですね!!

      ちぎだい楽しみにしています!!

      またいろいろ教えてくださるとうれしいです!
      ありがとうございました!!

  • 天谷 天音

    土方さん、こんばんは。

     土方さんは望海さんに蘭寿さんと同じく、トップとして花組に返り咲いて欲しいそうですが、
    その可能性は高くはないものの、低くないも思います。

     ただ望海さんが花組にトップとして返り咲く事態が起こる時は
    土方さんにとって、多くの宝塚ファンにとって、劇団にとって最悪の事態が起こったということだと思います。

     まず望海さんが花組トップになるためには
    明日海さんが早霧さんより先に退団し、
    花組の男役スターさんたちがあまり成長していないことが大前提です。
    しかし、土方さんたちも御存じのとおり、
    明日海さんが柚希さんの後の劇団の顔になると多くの方が予想しています。
    つまり早期退団どころか長期トップの可能性が大きいです。

     そんな明日海さんが早期退団してしまう可能性として最も考えられるのは、
    96期生をトップ娘役の充てた人事が原因による花組公演の集客が落ち込むことだと思います。
    (雪の御曹司と言われた音月桂さんが早く退団してしまった原因もこれだと噂されています。)

    しかし劇団もこの花組の集客低下の可能性を予想しており、
    既に次期トップ娘役として星組から城妃さんを組替えさせたものと考えます。
    (集客が落ちなくても明日海さんが長期トップだった場合、途中で相手役の交代はあり得るでしょうが)

     96期生をトップ娘に充てるのは花組だけではなく、
    異動先の雪組も同様です。
    なので、雪組では集客低下の際の打開策として
    望海さんを異動させたのだと思います。
    (もちろん歌の補強という意味も強いですが)

     ではこの最悪事態は起こりうる可能性ですが、
    今のところ五分五分です。
    というのも、
    劇団は劇団の顔である明日海さんの退団をそう簡単に認めないでしょう。

    しかし、新生雪組は御披露目となった日生劇場公演「伯爵令嬢」が大好評で、
    客足が伸びないということは考えづらい状況になったのに対し、
    新生花組はまだスタートを切ったばかりで何とも言えない状況。
    花乃さんは新公エリザベートで一定の評価は得たようですが、
    本公演エトワールは総じて不評でしたので、
    もしかしたら、もしかするかもしれません。

     また宝塚には
    “「エリザベート」の後に当たりなし”(「エリザベート」の次の大劇場公演作品はショボイ)
    という不吉なジンクスがあります。
    (大きな集客を誇る「エリザベート」の後ではベルばらとか風共、スカピンのような超大作でも持ってこない限り集客が落ちてしまうのは仕方のないことですが)
     一応劇団もその辺は考えているようで、
    外部の大石静さんに本を書いて頂くという策をとりました。

    とりあえず花組台湾公演までは花乃さんでいくと予想されているので、
    来年の花組の集客具合は重要な意味を持つでしょう。

     私個人の思いはやはり明日海さんが不本意な形で早く退団してしまうのは嫌です。

    正直、今はまだ望海さんは
    “雪組のトップ”というより
    “花組のトップ”という方が様になるような気がしますが、
    でもそれは単に望海さんが異動してきたばかりなだけであって、
    時がたてば雪組のカラーになじみ、
    早霧さんに退団の噂が出始める頃には、
    今こうやって
    「望海さんはできればトップとして花組に返り咲いてほしい」
    なんて言っていたのが嘘のみたいに雪組の次期トップスターとして活躍しているのでしょうね。

    • 土方

      天谷天音様

      コメントありがとうございます。

      ちょっと気になることが2点あります。
      まず城妃美伶さんについて。
      彼女が花組の集客低下の救世主という考えは
      花組ファンとしては少し納得がいきません。
      今回のアーネストのように上位陣が多国籍軍になるからです。
      それなら同じく将来性のある真彩さんを異動させないで
      花組に残しておいたほうがよかったのでは?
      と思ってしまいますが、どうでしょうか?

      >「望海さんはできればトップとして花組に返り咲いてほしい」
      >なんて言っていたのが嘘のみたいに雪組の次期トップスターとして活躍しているのでしょうね。
      これは花組ファン、望海さんファン以外はそうかもしれません。
      ただ、蘭寿様の時もそうでしたが、(僕はリアルタイムで知りませんが)
      花組に返り咲いたときにファン(蘭寿様ファン)は大喜びしたと聞いております。
      望海さんは蘭寿様よりも長い12年も花組に在籍していたことも考えると
      雪組のトップになられても、花組でなってほしかったと思うファンも多いのではないでしょうか。
      ただ、明日海さんの退団は誰も望んでいないことなので
      平和に解決するためには他組でのトップ就任がいいのかもしれませんね。
      そもそもトップになれるだけで感謝なんですけどね。

  • 天谷 天音

    土方様

     こんばんは。
     返答が遅くなってしまい、申し訳ないです。
     書いているうちにえらく長くなってしまったので、2回に分けて書き込みます。

    まず、
    「『望海さんができればトップとして花組に返り咲いてほしい』
    なんて言っていたのが嘘みたいに雪組の次期トップとして活躍しているのでしょうね。」
    という発言はないですね。
    申し訳ないです。
     土方さんも御察しのとおり、
    私は特定の組や特定の誰かのファンというわけではありません。
    そういう点では今回の望海さんの雪組異動は残念である反面、
    良い判断だったと思っています。
     しかし、土方さんがおっしゃっている通り、
    花組ファンの皆さんにしてみれば地獄のような決定で、
    できれば花組にトップとして戻ってきてほしいとずっと願っていることは
    容易に想像がつくはずでした。
    私の心無い発言で花組ファンの皆さん、望海さんファンの皆さんを傷つけてしまい、
    誠に申し訳がございませんでした。
     私の望海さん対する気持ちを素直に述べさせて戴くと、
    望海さんが望海さんらしくあり続けることができるなら、どの組でもかまいません。
    ただそれが花組なら私も花組のファンの皆さん、望海さんファンの皆さん同様、
    泣くほど嬉しいです。
    (私も組替えになって他の組で揉まれた後、出身の組にトップとして戻ってくることがどれほど嬉しいかはわかっているつもりです。
    個人的には生え抜きパターンより劇的で感動的で最高のトップ就任パターンだと思っています。)

    続いて、“なぜ城妃美怜さんが客足向上の救世主なのか”という質問についてですが、
    この辺は土方さんと私の“救世主”という言葉のとらえ方の差もあると思いますが、
    私自身は城妃さんに何か特出したものがあるとは考えていません。
    今回城妃さんが真彩さんと交換する形で花組に組替えになったのは
    97期生以下の娘役さんの中で最も実績と評価が高かったことから
    即戦力になると判断されたのだと思います。
    (城妃さんは新公ヒロイン1回・バウ公ヒロイン1回を経験しており、かつ新公では本役に匹敵するという評価を得ました)
    真彩さんに関しては、花乃さんが早ければ台湾公演後の公演(2015年後半の公演)で退団という可能性もあることから
    育成する時間が無いと劇団は判断したのだと思います。

  • 天谷 天音

     次に土方さんが組の上層部が他組出身者ばかりになってしまうと危惧しておられる件ですが、
    申し訳ないのですが、私は新生花組の体制は
    男役トップ:明日海さん 娘役トップ:花乃さん
    男役二番手:芹香さん 娘役二番手:城妃さん
    という形になり、
    新トップコンビの御披露目である「Ernest Love」は花組新体制の御披露目の意味合いも込めていると考えています。

     こうなってしまった背景には花組はスターさんが多く新公・バウ公の主演が分散してしまったことがあると思います。
    (ほかの組は主演が偏ってしまっている中で特殊な事態です)
    特に娘役は顕著で、
    ただでさえ男役よりトップに上り詰めるまでの期間も在籍期間も短いのに、
    2012年の前半まで実咲さんに半ば一人っ子政策に近い形で役を振っていたこともあり、
    かろうじて桜咲さんが新公主演を2回経験した以外は
    春妃さん、朝月さん、華雅さんが新公を1回、
    仙名さんと華耀さんがバウ公を1回経験したのみです。
    (組配属後すぐの公演で新公主演を任されたことから考えると当初は春妃さんを推す方針だったのかもしれません)
    劇団は必ずしも新公・バウ公の主演がトップになるためには必須とは考えていないと思います。
    事実、花乃さんは新公ヒロインは4回こなしていますが、バウ公ヒロインはありませんし、
    過去には久世さん、真琴さん、瀬奈さん、大空さんといった新公主演1回でトップに立った方もいらっしゃいます。
    (ただ当時はバウ公演の意味合いが現在とは違っていたり、四方とも未来のトップとして大劇場公演で主要キャストに早くから起用されていたりしているので、単純に今と比べることはできませんが)
    しかし、新公・バウ公主演の多い人の方が実績や評価がしやすい分、
    トップに起用しやすいのだと思います。
    (こうやって改めて考えてみるとスターの育成って大変だと思います。
    「偏りすぎてはダメ、分散しすぎてもダメ。
    ほどほどが良いのだけれど、“ほどほど”ってどの程度だよ!?」
    って私がプロデューサーなら思います。)

    最後に今後のことを私の願望も含めて述べると、
    男役に関しては芹香さんが花組のトップになるのか、他の組のトップになるかにより活用法が変わってくると思いますが、
    今すぐ決めなければならないことではないので、
    芹香さんを二番手と起用しつつ、
    瀬戸さん・鳳さんがトップを支えるスターさん、
    柚香さん・水美さんが三番手候補のスターさんといった形で
    番手ぼかしとまではいきませんが、
    適材適所でスターさんを使っていくと思います。
     
     問題は娘役です。
    城妃さんに御后教育を施すと思いますが、
    どのような形で行われるかに花組の娘役さんの今後は左右されるでしょう。
     個人的に最良だと思うのは大劇場公演やトップコンビが出演する公演に主要キャストで入ってもらい、
    新公・バウ公の主演は控えてもらう形ですが、
    やはり新公ヒロイン1回、バウ公ヒロイン1回は少なく、
    もう少し実績を積ませたいと劇団は判断すると思います。
    なので、城妃さんに優先的に新公ヒロイン・バウ公ヒロインがまわってくるでしょう。
    あとはどの程度かというところです。
    実咲さんのように一人っ子政策に近い形になってしまうと、
    今後も花組の娘役さんの受難は続きます。
    その他のスターさんもきちんと実績を積めるように新公ヒロイン・バウ公ヒロインを考えて下さることを切に願っています。

    • 土方

      天谷天音様

      コメントありがとうございます!
      こちらの質問にお答えくださり感謝しております。

      望海さんの件。
      僕はただただ花組ファンという視点でしかみていなかったので
      花組出身の望海さんには花組でと思っておりました。
      蘭寿様の意思を色濃く受け継いでいるお方ですしね。
      今回の件で、組み替えによる北翔さんのトップ就任だったり
      喜ぶ人もいれば悲しむ人もいるんだろうなと考えることができました。

      城妃さんの件。
      認識違いでしたね。失礼いたしました。
      花乃さんが短期の場合、城妃さんは後任になるには
      いろいろと条件がそろっていますもんね。
      アーネストでの配役からみても
      娘役2番手ということなのかもしれません。

      花組男子の件。
      そうなんですよね。分散されすぎてましたよね。
      下級生からしてみれば盗める対象が多いともとることができますが、
      やはり実践も大事ですからね。
      そういう意味では今の花組93期以下は恵まれているように思います。
      ただ、素晴らしい上級生が多く、特に一期上に朝夏さんがいた望海さんは
      遅咲き(?)ながらも今開花することができています。
      これは朝夏さんの異動があったことも大きいと思いますし、
      瀬戸さん、鳳さんにはラストチャンスということで
      劇団には大きな役を与えてほしいなと期待しております。

      花組娘役の件。
      97期の城妃さんですので、95期、96期、
      そして97期の春妃さんなど厳しいことになっていきそうですね。
      別に城妃さんのことが好きじゃないとかではないんですけど
      花組の娘役を応援してしまう性質上このブログでは
      城妃さんファンの方には不快なものになっていると思います。
      なので、城妃さんは花組になったことですし
      応援していくことにします!!

コメントを残す