紅ゆずる。

スカイステージトーク Dream Time「紅ゆずる」みました。

 

やはり紅さんは天才ですね。

スポンサードリンク

紅さん初めての新人公演主演作
「スカーレット・ピンパーネル」。

 

それまでの新人公演では
2番手といった役もやってこなかったそうで
いきなりの抜擢にすごく緊張したみたいです。
(あの紅さんでも緊張することあるんですね)

 

緊張しすぎて最初に銀橋を歩いたときに
綱渡りかと思ったんだとか。

 

で、その時に
「どうすればいい」
って歌ったらしいんですけど、
「ほんまに『どうすればいい』って思った」
って言ってました。

 

ただ、紅さんは只者ではないんですね。

 

銀橋の真ん中に来た時には緊張が解けたんだとか。

 

それからはすっごい楽しかったそうです。

 

どれくらい楽しかったのかというと
ディズニーランドくらい楽しかったみたいです。

 

楽しかったんだけど最終的に挨拶を忘れていた…
というオチを忘れない紅さんでした。

 

 

カフェブレイク

ちょっと話しそれるんですけど
紅さんのカフェブレイクで
さすが紅さんという話があったので
皆様もう観られたかと思いますが
ついでに紹介しておきたいと思います。

 

野球観戦をしにいったとき、

 

「紅さんですか?」

 

って男性から声を掛けられたんだそうです。

 

どうやらその方の奥さんが紅さんのファンだったみたいで、
奥さんと電話で話してくれないかと頼まれたんだそうです。

 

そんなこといきなり言われても困りますよね。

 

何話せばいいんだって。

 

でも紅さんは、

 

「阪神を応援してください」

 

てきなことを話して電話を切ったそうです。

 

電話が終わったと思ったら
すぐに別の方に声を掛けられ
その方の奥さんとも電話で話し、
さらにもう一人の方からも声を掛けられ
その奥様とも電話で話したそうです。
(何それ、流行ってんの?)

 

嫁思いの優しい旦那も素敵ですけど、
図々しいお願いにもしっかりと対応する紅さんも素敵ですよね。

 

 

で、嬉しいお知らせが一つ。

 

紅さんに遭遇した時、
声を掛けるくらいなら大丈夫とのことです。

 

いくら有名人だからといっても
プライベートで声を掛けられたりするのって
普通は嫌だったりするところだと思います。
(僕は有名でもなんでもないんですけど、
知らない人に道を聞かれるだけでも嫌なので
有名人の気持ちはわかるような気がします)

 

なので、宝塚が誇るスターの神対応には
「さすが紅さん」
としか言いようがありません。

 

さらに紅さんのさすがだなと思うところがありまして、
カフェブレイクって基本的に
プライベートの話を少しだけして
あとは舞台の話をする番組じゃないですか。

 

それなのに紅さんの場合は、
舞台の話が始まる頃には
すでに半分以上時間が経っていたという…

 

やはり天才は違いますね。

スポンサードリンク

で、話を「Dream Time」戻しまして、
紅さんがトーク力を
どのように身につけたのか、という話を。

「ごっつええ感じ」

 

その番組で勉強したみたいです。

 

というか、トーク力って
練習して身に付けるものだったんだ
と目からうろこでした。

 

そもそも紅さんは生まれたときから
面白かったのかと思っていたクチなので。

 

「『どうやって母親や先生、看護師を笑わせようかな』と考えながら生まれてきた」

 

とか、紅さんなら言ってそうじゃないですか。

 

というのは冗談なんですけど、
土曜日に放送された番組のネタを集中して覚え、
月曜日の学校でどこまで上手く再現し
笑わせられるのかやっていたそうです。

 

普通のタカラジェンヌだったら
「好きな作品の好きな場面を何度も観て覚えていた」
とか言うところ、紅さんは
「お笑い番組のネタを何度も観て覚えていた」
わけですからね。

 

お笑い番組のネタを完コピするために
一人でめっちゃ練習したとか、
後にも先にも紅さんしかいないでしょう。

 

 

そして土曜日はダッシュで帰宅し、
たこ焼きかお好み焼きを食べながら
吉本新喜劇を見ていたらしいです。

 

僕は関西のことがよくわからないのですが、
関東の人が「メレンゲの気持ち」を見て
のほほんとした時間を過ごしているときに、
関西の人は笑いの英才教育を受けているんですね。

 

その結果として、清く正しく美しいタカラジェンヌが
下級生に”間”の大切さを教えるようになったのでしょう。

 

そういえば、星組って他の組と比べても
面白い方が多いなとは思っていたんですよ。

 

壱城さんしかり、如月さんしかり。

 

で、今回この番組を見たことで
なんとなく星組に面白い人が多い理由が
分かったような気がします。

 

紅師匠がお笑いのいろはを
組子たちに教えているんだろうな、と。

 

 

結局この記事で何が言いたいのかと言いますと、
この番組はそこら辺のお笑い番組よりも
面白い番組であることは間違いないんですけど、
「人間万事塞翁が馬」
のようなすごく深イイ話もあったり、
本当に本当におすすめなんで
まだ観てない方は是非ご覧になってみてください、
ということを伝えたかったのです。

 

最後の放送が12月4日なのでお見逃しなく!

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す