真彩希帆バウホール初ヒロイン!

 

つ、ついにこの日がやってきました。

 

スポンサードリンク

 

真彩さんバウホール初ヒロイン。

 

おめでとうございます!

 

正直ですね、今回は諦めていました。汗

 

だって、「ガイズ&ドールズ」の新人公演で
ヒロインに選ばれなかったので…

 

今回はヒロインにならないと思っていたから
ディズニーの方に出演してほしい
なんて希望まで出していましたし。

 

次回の新人公演で初ヒロインをして
その次のバウホールで初ヒロインをするという
シナリオが僕の中で仕上がっていましたし。

 

そしたらいきなり
バウヒロインという発表。

 

なんて嬉しい誤算でしょうか。

 

こんな嬉しい誤算は久しぶりです。

 

何年もの間、引き出しの中で眠っていた空のお年玉のポチ袋、
なんとなく捨てられずにとっておいていました。
でも使い道があるわけでもないので
捨てようと決意し最終チェックをしてみたんです。
そしたら中にはなんと1万円札が入っていた…
とき以来の嬉しい誤算でしたね。
(これ誤算っていうのかわかりませんが)

 

 

全国の真彩さんファンの皆様、
ついにやりましたね。

 

ついに勝ち取りましたよ!

 

しかも相手役が礼真琴さんという超歌うまジェンヌ。

 

素晴らしい舞台になることは約束されたようなものです。

 

ついでにチケット難になることも
ここに約束しておきましょう。

 

この二人にはディズニーの方に出演して
ディズニーの名曲を歌ってほしかったのですが、
こっちはこっちで大変なことになりそうです。

 

こときほが織りなすメロディー。

 

会いたくても震えることのない僕でも
想像しただけで震える、こときほの威力。

 

僕は来年の放送まで持ち越しですが、
生で聞ける人は本当に幸せだと思います。

スポンサードリンク

「鈴蘭(ル・ミュゲ)—思い出の淵から見えるものは—」主な配役

礼真琴さん主演の作品。

 

これで2回目のバウホール主演ということですよね。たしか。

 

研7にして2回目って、
こんなすごい人を僕は未だかつて知りません。

 

といっても、僕が知っているのは
ここ数年の話だけなんですが。

 

天海さんや大和さんはもっともっとすごかったのでしょう。

 

 

で、今回発表された主な配役は2人だけ。

 

礼さんがリュシアン、
真彩さんがエマを演じるそうです。

 

エマって名前がまたエメみたいでとっても素敵です。
(こときほで「エメ」歌ってほしい)

 

ただ、名前が素敵だからといって
手放しで喜べないんです。

 

公演解説を読んで思ったこと。

 

真犯人というのはエマか前妻(エマの母親)の
どちらかなんじゃないかなと…

 

きっと権力を自分たちのものにするべく
リュシアンの初恋の相手シャルロットを陥れたんです。

 

もしエマが真犯人だとすれば、
二人は結ばれることはなさそうだし…

 

できれば真犯人は前妻であってほしい、
欲を言えばシャルロットであってほしい。

 

そうすればエマとリュシアンが
いい感じに結ばれるだろうなと。

 

そんな展開つまらないとか言われそうですが、
お父さんが娘の幸せを願うように、
ただ僕は真彩さんに幸せになってもらいたいだけなんです。

⇒紅5再結成!まさかの美弥るりか召還!


スポンサードリンク


2件のコメント

  • 玉戸

    いやほんと、土方さんの記事きっかけ「〜路線だった」を読んでから特にそう思うようになったというのもあるんですよね。。
    今やちゃっかりファンとしてお茶飲み会なんかも参加してます(土方さん、一緒に行きましょうよ(笑) )。
    自分の宝塚歴は浅いので、組配属〜Mr.Swingの歌唱当時「誰だろう…歌上手で可愛いなぁ」ちょっと注目していた人が組替え、そして「路線」でどんどん有名になって行く…という様を目の当たりにするのも初めてなので、とても楽しいですね。
    もちろん真彩さんや有沙さんは確かな実力派なので、もうヒロインやらなきゃ誰がするって感じもしますが。

  • 天谷 天音

    土方様

     おひさしぶりです。

     ついにこの時が来ましたね!!
     私も驚きました。
    でも、私は真彩さんの起用に驚いたわけではありません。
    確かに私も土方さん同様、
    新公ヒロインの後、バウ公ヒロインだと思っていたのですが、
    今回のバウ公の発表があった段階でヒロインは真彩さんの可能性を考えていました。
    (後出しっぽいですが……)

     で、私は何に驚いたのか。
    それは役です。
    「えっ、エマ!?シャルロットではなく、エマ?」
    って思いました。
    だって、土方さんもおっしゃってますが、
    公演解説を何度読んでも
    エマって敵臭プンプンじゃありません?
    シャルロットの方がヒロインだと思っていませんでした?

     そこで私は思いました。
    「もしかして、真彩さんは主要キャストであって、ヒロインではないのでは?」と。
    つまり、1789の時の愛希さんと同じで、
    娘役としては最も良い役だけど、
    実質ヒロインはシャルロットなのでは?
    と思うのです。

     そうなると、私の中で真彩さんの際物イメージが強くなってしまうぅぅぅ~~!!
    (あまり言葉が適切ではないような気もしますが……すみません……)

    「エリザベート」のマダム・ヴォルフに
    「黒豹の如く」のアルヴィラ、
    「ガイズ&ドールズ」のアデレイド
    と大劇場公演は3作連続で正統派ヒロイン系の役じゃないのですよね。

     でも、私は正直良い事だと思っています。
    二番手男役さんによく言われることですが、
    トップに立つと必然的に主役(ヒロイン)しか演じられなくなるので、
    今の間にトップでは絶対演じることができない役を演じ、
    演技の幅を広げることは非常に良いことだと思いません?

     見た目は天使、心は……な(役の多い)真彩希帆さん、
    いろいろな役を演じて、
    清濁併せ呑める奥深い娘役なって、
    できれば雪の貴公子、だいもんのところに嫁いできてください!!

    (それ以前に、エマがヒロインだと思いたい……)

コメントを残す