桃花ひなコーヒーが好きすぎて…いつも飲み過ぎて困っているそうです。

時間が経つのは早いもので
歌劇8月号が発売されてから
ちょうど1週間が経ちました。

 

ということで、今日もレビュー本の話になります。

スポンサードリンク

いきなりどうでもいい情報から。

 

僕はコーヒーが大好きなんです。

 

毎日、5杯以上コーヒーを飲んで
なんとか精神的な安定を保っているという、
カフェイン依存症というものを患っていたりします。

 

カフェインを摂取することで疲れが感じにくくなるらしいのですが、
コーヒーを飲み過ぎて過剰にカフェインを摂取し続けることで
少量のカフェインではその効果を得られなくなってしまうそうです。

 

だから、飲む量がどんどん増えていって、、、

 

という悪循環もいい感じに後押しして、
僕はカフェイン依存症になっていったようです。

 

 

僕の場合はカフェインが引き起こす
デメリットを理解した上で続けている習慣であり、
むしろ飲まない方がそのデメリットよりも
もっとデメリットがあるんじゃないかと、
都合よく思い込んでいたりするわけです。

 

よって、コーヒーが好きすぎて飲み過ぎてしまうことは、
僕にとって悩んだことすらないことと言いますか、
なんなら僕しか知らない健康法くらいな勢いで取り入れているので、

 

コーヒーが好きすぎて…いつも飲み過ぎて困っています。

 

と、あるタカラジェンヌが悩みを
雪組タイムズのお悩み相談室で
打ち明けているのを見つけたときには、
さすがに動揺を隠しきれませんでした。

 

ちなみに、そのタカラジェンヌとは
雪組一美しいと呼び名の高い桃花ひなさんなんです。

 

 

あんな美しい方がコーヒー飲み過ぎてるのか。

 

コーヒーよりも紅茶飲んでそうなのにな。

 

15時になると爺や的な人(真那さん)が
紅茶とクッキーを持ってきてくれて、
芝で敷き詰められた庭に置かれた白いテーブルで
召し上がっていそうなイメージなのにな。

 

と、どうでもいい妄想が膨らみつつも、
コーヒーの飲み過ぎに悩んでる桃花さんも素敵だな!
なんて思いながらニヤけている自分自身を
早く警察に通報した方が良さそうだな
と思っている今日この頃。

 

なぜ桃花さんがコーヒーの飲み過ぎに悩んでいるのかなと思い、
原因について少し考えてみることにしました。

スポンサードリンク

どうやらカフェインの取り過ぎは肌に良くないらしく、
シミの原因となるメラニンを増やしてしまうんだそうです。

 

やっぱり舞台人として、美人として、
生きている桃花さんですから、
シミが増えるのは避けたいことなのかなと。

 

ゴミクズの僕からしてみれば、
シミの一個や二個、百個あるくらいの方が
あのクラスの美人には親しみを覚えやすいんじゃないかなって
逆にメリットなんじゃないかなと思ってしまいますが、
これは女性ならではの悩みなのかなと考えました。

 

 

で、お悩み相談室ということで
雪組の上級生である蓮城さんが解決策を教えてくれていたのですが、
その前にまず、蓮城さんはコーヒーアレルギーという
とんでもない事実が暴露されていたしました。

 

いや、コーヒーアレルギーってなんですか?

 

と、自分で質問してみて
自分で調べてきました。

 

キモいですね、この人。

 

 

コーヒーアレルギーは普通の食物アレルギーのようなもので
飲んですぐに症状に出ない遅延型のアレルギーなんだそうです。

 

蓮城さんの場合、
検査でわかったとのことですが、
これが発覚した際にはひどく驚かれたのではないでしょうか。

 

そんな蓮城さんからのアドバイスは、、、
アレルギーだと思いこんで飲むことをやめるというもの。

 

これには香綾さんと有沙さんが爆笑していたみたいなんですが、
コーヒーアレルギーというのはコーヒーが好きな人ほど
発症する可能性の高いアレルギーらしいので
意外と的を射ているのではないかなと。

 

つまり、摂取しすぎると発症してしまうかもしれないので、
「飲みすぎるとアレルギーが発症して大好きなコーヒーが飲めなくなるよ!」
という適切な表現でアドバイスをすることができれば
飲み過ぎるという悩みから解放されるのではないかなと。

 

って、僕にしてはすごく良いアドバイスを思いついたので
なんとか桃花さんの耳に届けなくては!と筆を取った次第です。

 

 

 

牛乳をたくさん飲んだら◯◯、
ひじきをたくさん食べたら◯◯、
唐揚げをたくさん食べたら◯◯、
など、この世の中にはいろんな言い伝えが広まっていますが、
これだけは誤解してほしくないことがあります。

 

いくら桃花さんがそうであっても、
コーヒーをたくさん飲んだからって
必ず美しくなるわけではありません。

 

なぜなら、、、

 

 

 

そこは察してください。


スポンサードリンク


コメントを残す