夕霧らい語録〜TAKARAZUKA REVUE 2015〜

「TAKARAZUKA REVUE 2015」買いました。

 

今年もいい感じにヤバイです。はい。

スポンサードリンク

時間が経つのは早いもので、
あれからもう1年経ってしまったんですね。

 

僕が海乃さんの可愛さに気付いた
「TAKARAZUKA REVUE 2014」が発売されてから…

 

あの頃はまだブログを始めて数ヶ月だったこともあり
キモいことを平気な顔して書いていましたが、
改めて読み返してみると吐き気を催すほど
調子にのった記事となっていました。

 

もしも、吐き気を催したいという
物好きな方がいらっしゃるのであれば、
がんばって探してみてください。

 

このブログのどこかに隠れていますので…

 

 

それで、今回のレビュー本なんですが、
なんか卒アルみたいなノリで製作されていました。

 

卒アル製作委員(クラスの中心的なイケてる人たち)が
テーマを決めて色々な企画をやっちゃう、
みたいなあの感じでした。

 

ちなみに、僕が卒アル製作委員になることなく
学生生活を終えた、ということは言うまでもありませんよね。

 

そこは察してあげましょう。

 

触れないであげることが優しさです。

 

学校で習いましたよね?

 

 

で、せっかく2000円も出して購入した本なので
何記事かに分けて書いていこうと思っています。

 

今回がその第一弾ということで。

 

とかいって、こんな性格なので
この記事で終了することもあります。
予めご了承ください。

 

そもそも2000円って大金ですからね。

 

歌劇とグラフとレビュー本を合わせると
一ヶ月で3500円の出費ですよ。

 

これにスカイステージとか…

 

貧乏人のくせに金持ちの遊びしちゃいました!
みたいな背伸びした状態ですからね。

 

歌劇とグラフは立ち読みになる日が
将来やって来るのかもしれません…
(スカイステージは外せません。絶対に。)

スポンサードリンク

花組卒アル製作委員が大変な人ですこと

まず、花組の卒アル製作委員のメンバーが
ヤバいことになっていました。

 

鳳さん、桜咲さん、仙名さん、城妃さんの4人。

 

花組自慢の娘役たちが勢ぞろいという豪華さ。
(鳳さんは間違いなく自ら立候補したのでしょう)

 

これぞクラスの中心メンバーという
最強の4人が揃ってしまったわけです。

 

花組の本気度が伺えますね。
(でも僕ならここに夕霧さんと梅咲さんの
元花組スカイレポータズコンビ入れてましたけど。)

 

 

花娘に聞きました!男役のかっこいいと思う瞬間

これさえマスターすることができれば、
こんな僕でもモテることができるんじゃないかと思いまして、
一文字一句見逃さないように読んでみたのですが…

 

 

1位 さりげなくエスコートされた時

これは上級者モテ男子しか習得していない究極のモテ技。

習得難易度は5(芸能人になれるレベル)。 

木村拓哉は、さりげなくエスコートしながら生まれてきたという話は有名だが、
ほとんどの男子はこの技を習得することなく人生を終える。

 

3位 目を合わせてくれる、微笑みかけてくれる時

普通レベルの顔ではキモがられる行為。 

習得難易度は4(バレンタインの本命チョコを毎年コンスタントにもらえるレベル)。

僕が誤って花娘に微笑みかけてしまったら
警察が動きだすことは避けられないだろう。

 

 

まあつまりですね、ぜんぜん参考になりませんでした。

 

 

2位や番外編を知りたくなってしまった方は
是非レビュー本をお買い求めください。
(※ステマではありません)
劇団関係者へ。歌劇とグラフを毎月タダでくれたら喜んでステマしますよ

 

宝塚歴代一位、究極のなで肩。

お衣装部さん曰く、究極のなで肩を持つという美花梨乃さん。

 

花組一肩幅の広い瀬戸さんと一緒に写真を撮っていました。

 

しかし、美花さんは瀬戸さんのジャケットを羽織っていたため
歴代一の究極のなで肩と花組一の肩幅という
夢の共演を拝むことはできませんでした。

 

ただ、その1ページ前には
お稽古着を着た美花さんが写っていまして、
そこには自慢のなで肩もしっかりと写っていました。

 

しかもですね、その美花さんの後ろには、、

 

なんと、、、

 

花組ファンなら全員大好きな、、、

 

 

 

 

華耀きらりさんが写っているという奇跡。

 

もう退団してしまったのに
レビュー本2015にきらりさん。

 

ありがとうございます!

 

 

夕霧らい語録

夕霧さんの変わった特技・クセ。

 

「気分がいい時、なぜかアメリカ国歌を鼻歌で歌ってしまう癖があります(笑)。」

 

・・・

 

やはり彼は天才でした。笑

 

 

レビュー本とは一切関係ないのですが、
夕霧らい語録といえば「いたのか…」ですよね。

 

タバコをくわえて「いたのか…」ですよね。

(※花組ファンとして「いたのか…」を
知らないと非常にもったいないので、
まだ「いたのか…」を知らないという方はこちらから。)

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


1件のコメント

  • 海結

    各組タイムズの中で花組が1番だと思っている花坦です笑
    娘役もしっかり目立たせていてさすが、花組魂、花男魂、花娘魂を感じます…さすがです!花組に誇りをもってますね
    土方さんがこれから書くかもしれないことを書いてしまったらごめんなさい(^_^;)ネタバレには気を付けます。
    私的には花男かわいいと思う花娘の瞬間1位の解答がさすがだなと(笑)
    まぁ様もいってたけどこれで
    チャラ男が育成されるんですね(笑)
    (まぁ様はとりわけ別格かもしれませんが…世界の彼氏という人も花男、花育ちなので)
    花男が毎日花娘をかわいがって、
    花娘は毎日花男にキャーキャーいって、男くさくてかっこいい唯一無二の花男と、可憐でかわいい唯一無二の花娘ができあがるんですね(笑)
    きらりちゃんが写っているのはほんとに嬉しかったです!

    Pちゃんの電化製品に例えた解答が秀逸で、妙に納得できて、個人的には1番好きです(笑)そこらへんも花組だなと(笑)

    まぁ要するに何が言いたいかというと花組最高です!!!

コメントを残す